<   2010年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

静かな我が家

久しぶりに預かりワンコが不在のtomotenkuri家です。

よく「次々新しいワンコがくるのにテンちゃんやひみこちゃんは受け入れるね〜」と感心されますが・・

私もそう思います(笑

と、言うよりも我が家のテンやひみこはあまり人にも犬にもかまってほしくないタイプのワンコ達なので・・
預かりワンコが「遊んで〜」と来るような犬でなければ、とりあえずWelcome

「一緒の部屋にいてもかまわないけど〜、私の近くには来ないでね」というスタンスです。
15歳のテンちゃんは、生活のリズムがとにかく超マイペース、お散歩以外はほとんど寝て過ごしています。

でも、室内トイレができないのでどんなお天気でもとりあえずトイレ散歩は行きます。
e0135972_15372864.jpg
レインコート姿も決まってる!テンちゃん。
雨が降っている時はトイレだけそそくさと済ますと、すぐUターンしてくれるおりこうテンちゃん。

2歳の時に我が家にやってきて早13年を一緒にすごしています。

一方、この犬よりも恐がり(びびり)の犬を未だに見たことがないビビリ犬、ひみこちゃんは・・
教えていないのに、室内トイレが完璧です。

なので、雨が降るとお散歩には行きません。

お散歩はだ〜い好きなので、レインコートを着るまでは結構盛り上がっていますが・・
e0135972_15403059.jpg

着用したとたん、テンションが↓↓↓↓

玄関まで行く前に、ピタッと止まって動かなくなります。(笑
e0135972_1541552.jpg

お家の中でトイレが自由自在なので、お外に必ず行く必要もなく・・

雨の日はテン姉さんの散歩中、お家で留守番するひみこちゃんなのでした。

室内トイレは絶対にできた方が、飼い主さんが楽ですよ〜
雨の時、台風の時、用事があって長時間留守にしてもひみこちゃんのようにペットシーツでトイレができると安心&快適です。
若い頃は一日2回以上散歩に出ると、お家でトイレをしなくなってしまいますが・・・

預かったワンコ達のいぬ親さんには、それでもトイレをかたづけず場所を決めておいたままにしてくださいね。
とお願いしています。

ワンコが一人でいるときにずっと同じ場所にトイレがあれば、何かのきっかけでシーツでトイレができるようになることもあります。
でも、トイレが置いていなければ、粗相して怒られて終わりになっちゃいます。

預かりワンコがきて、一番被害をうけているのがこの方。
猫のクリちゃんです
e0135972_15491763.jpg


犬慣れはかなりしている猫ですが、新しいあずかりワンコがくる度に、かなり入念にチェックを入れています。
おとなしく、活発でないワンコだと、比較的態度が変わりませんが・・・

若くて元気のある犬の場合は、ご飯とトイレのある寝室からあまり出てこなくなります。

クリちゃんは仔猫の時に事故に遭い、大けがをして右後肢を断脚しています。
そのため、普通の猫のように高い所に駆け上る事ができませんし、走るのも遅いので、自分の身を守る為にそうやって、相手をみて慎重に行動をしています。

以前のパート先だった動物病院の事務室で飼育されていたクリちゃん。
7歳のときに後から同居した雄猫に「好き好き〜」と追いかけ回されて、上手に逃げることができなかったくりちゃんは・・・・
神経性の胃潰瘍になってしまい、静かに暮らせる環境で過ごしてもらおうと我が家にもらい受けました。

その頃のクリちゃんは「私にさわると怪我をするわよ!」と言った風情の、身体は小さいながら迫力のある孤高の猫でした。

一緒に暮らして4年がすぎ、くりちゃんが結構甘えん坊であることが判明。

多分、仔猫の頃から甘える相手がいない環境で育ったせいで、人間にどうやって甘えたら良いのか?
わからないまま大人になってしまったんでしょう。

もう12歳のおばあちゃんですが、今回はちょっと用心していた(笑)うたまる君がいなくなったら急に活発になりました。
家中、私の後を付いて回り(笑
今日は珍しく、私の膝にのってきました。
e0135972_1559640.jpg


あずかりワンコが来る度に緊張がはしるクリちゃん。
それでも、いつも心広くあたらしいワンコを受け入れて、自分がちょっと身を引いてくれます。
ありがとね、クリちゃん。

我が家の長老シスターズがいつまでも元気でいてくれないと、預かりボランティアはできませんから・・
元気で長生きしてくれますように!
飼い主として健康管理には気を使っています。
[PR]
by tomotenkuri | 2010-10-28 16:02 | 我が家の家族

うたまる君 お届け

10月7日に千葉県動物愛護センターから引き出したばかりのうたまる君。
わずか、8日間で赤い糸をつかみました。
e0135972_11134032.jpg


いぬ親様ご夫妻は預かり宅のある佐倉市在勤のご夫婦です。
5月に先代のワンちゃんを亡くした後、お別れに十分時間を費やし気持ちの整理が付いた上で、
共働きでも飼育できる成犬を家族にむかえたいと、9月のいぬ親会に足を運んでくださいました。
e0135972_11144177.jpg


私のブログも見て下さっていたそうで、いぬ親会ではわざわざご挨拶に来てくださったんですよ。
e0135972_11161741.jpg


9月のいぬ親会の後、我が家でお預かりした「うたまる君」の事をとても気に入って下さり、「共働きで留守が多い家でも飼育可能なら是非家族に迎えたいのですが・・」と問い合わせをいただきました。

e0135972_11172540.jpg

お問い合わせをいただいた時うたまる君はまだ、ほんのちょっと私が自分の視界から見えなくなるだけで「ガン吠え」状態だったので、一度はお断りしたのですが・・・

その後数日経つか経たない間に、少しずつ「吠え」が収まる傾向をみせてきたうたまる君。

これなら、お願いしても大丈夫かな?と思えたので急遽いぬ親会の前にK様ご夫妻とお見合いをしていただき一目で気に入ってもらったうたまる君でした。

それからまた一週間、もう少し「お留守番の吠え」が収まった状態になってお届けできるかな?と思っていた預かりの予想とは裏腹に・・・・
まだまだ、一人になったときの「吠え」がなおっていないうたまる君の今後をK様にお願いする事になってしまいました(-_-;)

うたまる君、前日にシャンプーして、爪切り、足裏の毛も綺麗にカットしました。
e0135972_11215623.jpg

耳だって洗いました〜
e0135972_11223290.jpg


とても人なつっこく、犬同士のお付き合いも上手、食べ物にはかなりの執着を見せますが人が見ている前では言葉で注意をすればいたずらも素直に辞めます。
e0135972_11382842.jpg

攻撃性も全くありませんし、身体のどこを触っても大丈夫!

我が家では私が長時間留守にする間もおばあちゃんが在宅しており、
吠え続けると(おばあちゃんが)我慢ができなくて・・・
結局人のそばに連れて行ってしまうので、うたまる君が我慢する機会を作ってあげることができませんでした。

お留守番が苦手な事は承知の上でその躾も含めてうたまる君の全部を引き受けてくださったK様ご夫妻。
本当に中途半端な状態でのお届けになってしまって、申し訳ありませんm(__)m

うたまる君のことどうぞよろしくお願いします。
e0135972_1131859.jpg


最後に預かりからうたまる君へ
懐っこくて可愛いうた君だけど、ちょっとお調子者の君だから、K様ご夫妻の言うことは良く聞いて
お留守番だけは頑張って、静かにできるようになってね。
もう、一人になることもないし、お父さんとお母さんはうた君の所に必ず帰ってきてくれるんだよ!!
[PR]
by tomotenkuri | 2010-10-24 11:33 | うたまる

いおりちゃん、正式譲渡

いぬ親会の翌日の月曜日、我が家から徒歩圏内のいおりちゃんのお家に行ってきました。

9月のお届けからちょうど一ヶ月。
もちろん、正式譲渡のためです。

玄関先でお家から出てきた、いおりちゃんとお父さんにばったりあったら、しっかり私のことを覚えていたいおりちゃんに大歓迎されました。
引き出し時は声がかれるほど鳴いて大変だったいおりちゃんですが、全く声を出すことはなくなりました。
ただただ、クネクネしながら身を寄せて仰向けになりスリスリしてくれます(笑

一通りご挨拶をして、お家にいれてもらいました。

いぬ親様はお父さんと社会人の息子さんの二人暮らしのご家庭で、お留守番の時間が長めになってしまいます。
アンケートをいただいたときからそれは十分にお話をして、もし留守番が無理なようならすぐに戻してくださいとお願いしてあったのですが・・・

頭の良いいおりちゃんは、お届けしてすぐ、いぬ親さんの生活リズムを理解して全く問題なく留守番もクリアしてくれました。
おしっこだけ何度か失敗してしまったそうですが、それもタイミングがわかってからは、長時間の留守の後はお庭に出してあげればすぐすませてくれるようになり、今では失敗も無くなったとか・・

お父さんとお話をしている間にちょうど息子さんが帰宅したら、飛び跳ねて甘えにいったいおりちゃん。
e0135972_1362432.jpg
e0135972_1372485.jpg
撮影させてもらった写真のほとんどがこんな風におなかを出してスリスリしている写真でした(笑

e0135972_1383248.jpg
長い留守番の間、いたずらも全くなく、一度机の上の物をとったので「だめ」と教えたらその後は二度と同じことはやらないそうです。

改めて、いおりちゃんの頭の良さと従順さにはびっくりさせられました。

お届け時、お部屋がかなり雑然と散らかっていてそれがとても気になっていた預かり。
失礼を承知でお部屋をお掃除していただくようにお願いしていました。
伺ったときには、いおりちゃんの為にお部屋をきれいにかたずけてあり、持参したクッションがテーブルの下にあってそこがいおりちゃんの場所になっていました。

もちろん、問題なく正式譲渡となりました。

センター収容時のいおりちゃんは・・
e0135972_13144473.jpg
e0135972_1315939.jpg
次々と仲間が殺される場所にいて、押しつぶされそうな不安と戦っていました。

引き出し時は自分がこの先どうなるのか?極限状態で目つきや顔つきも異常になっていて・・
e0135972_13172893.jpg
運搬の為にこのケージに入れたのですが、既に吠え続けてかすれてしまった声で吠え続け、2本つけていたリードはたちまちかみちぎったほどでした。

頭の良いいおりちゃんだからこそ、自分のおかれている場所が判断できて精神状態もおかしくなってしまったのでしょう。
預かり時も、卑屈なくらい、一生懸命私たちにすり寄ってアピール。
まるで「助けて」という声が聞こえてくるようないおりちゃんでした。

そんな、いおりちゃんをみていて、何も悪いことはしていない、罪がない彼女にこんな思いをさせてしまった人間の一人として本当にもうしわけない気持ちでいっぱいになりました。

でも、もういおりちゃんは一生幸せに、う〜んと甘えん坊になって愛されて暮らすことができます。
K様、これからもどうかいおりちゃんのことをよろしくお願いします。

以下、トライアル中に送っていただいて、紹介しそびれていたいおりちゃんの写真です
e0135972_13502615.jpg
e0135972_13503419.jpg
e0135972_13504260.jpg
もちろん、食べ物は与えていませんよ、真剣にみている表情がかわいいですね

すべての保護犬猫達が、いおりちゃんのようにかわいがってくれる家族が見つかりますように。
そして、どんな理由があるにせよ、飼育放棄をする飼い主がいなくなるように!!

これからも自分のできることを少しずつ続けていこうと思います。
[PR]
by tomotenkuri | 2010-10-21 13:24 | いおり

大変遅くなりましたが・・・・いぬ親会の報告です

いつもの事ながら。。。
皆さんに報告したい事がたくさ〜んたまっている預かりです。

まずは日曜日のいぬ親会の報告から!

うたまる君が応援団として(!?)参加したぱぴこちゃんことぱこちゃん。

見事赤い糸をゲットしました〜♪066.gif
e0135972_1692057.jpg

うたまる君とぱこちゃんは同じ日に同じ場所で捕獲された保護犬です。

そして、もう一頭、同じ場所で捕獲されたのが、ななちゃん
e0135972_16113111.jpg

身体の大きさは、ぱこちゃん、ななちゃん、うたまる君の順に大きく、
e0135972_16122967.jpg

毛色はぱこちゃんとうたまる君がそっくり。
e0135972_1613218.jpg

そして、ななちゃんとぱこちゃんはお顔がそっくりです。
e0135972_16134411.jpg

同腹の兄弟ではないでしょうか?
e0135972_16151936.jpg

預かって思ったのは、おそらく室内で可愛がって飼育されていた犬だと言うこと。
なので、3頭とも寂し鳴きはありますが、いたずらなど年齢の割になくとても人なつっこいのです。

ここまで飼育しながら、なぜ、兄弟で飼育放棄されてしまったのでしょうか?
元の飼い主さんにも事情があったのかもしれませんが、こうやって新しい飼い主さんがすぐに決まるような兄弟なのですから、飼えなくなってしまったとき、せめてご自身でこの子達の新しい飼い主さんを捜して欲しかった・・・
飼い主さんに捨てられて、苦労してここまでたどり着いた、うたまる君やぱこちゃんは、すぐに新しいお家での楽しい生活がまっています!!
e0135972_16254139.jpg

ぱこちゃんのいぬ親さまは、初めて犬を飼うそうですが、凄くお勉強なさっていて、お留守番があるので少し大人で、小学生のお嬢さんがいらっしゃるのと飼育環境から身体の小さいぱこちゃんを希望してくださりました。
e0135972_16272771.jpg
こうやって、自分の好みだけでなく、飼育環境やご自身の生活も考慮してしっかりと自分に似合ったワンコを保護犬の中から選択してくださいました。

私自身もそうだったのですが・・・
初めて犬を飼う方や、お仕事をもっているけれど犬を飼いたいという方には保護犬の成犬がお勧めです。

仔犬は食餌もトイレも一日二回というわけにいきませんが、成犬ならお家にやってきたその日から飼い主さんの生活に合わせて生活することも可能です。
また、ある程度人間の言うことを理解してくれるので、わざわざ「躾」をしなくても普通に生活できちゃう犬も結構います。(個体差があるので全部の犬が躾が必要ないわけではありません)

ぱこちゃんのお届けは、新しいお家の準備がととのってからになります。
それまで、預かりのおにへぃさんがしっかりとお預かりしていますからね〜

たくさんの犬がいる、いぬ親会に参加してくたびれちゃったぱこちゃん。
預かりさんが帰宅する夜まで我が家でしばし休憩中のショットです
e0135972_1636630.jpg


e0135972_1636235.jpg

[PR]
by tomotenkuri | 2010-10-20 16:37 | うたまる

うたまる君から・・・うれしいお知らせ

去勢手術の傷も順調に回復しているうたまる君から・・
皆さんに嬉しいお知らせがあります。
e0135972_1417215.jpg
「ボクのおうちがみつかりました003.gif

いぬ親様は9月のいぬ親会に来てくださった佐倉市在勤のご夫婦です。
その時、ちーば君のことを気にかけてくださったのですが、ちーば君は既にお家が決まった後でした。

職場が私の家からとても近く、保護犬を家族に迎える事を考えてくださっていて・・
e0135972_14252616.jpg

うたまる君が我が家にやってきて以来、家族として迎える事を真剣に検討してくださったKさんから数日前に問い合わせをいただきました。

e0135972_14255290.jpg

その時のうたまる君はまだ、人間の姿が視界から消えると「がん吠え」状態だったので、
共働きでお留守が長いお家での飼育は難しい状況でしたので、正直にその旨お伝えしました。

ところが、不思議なことにK様から問い合わせをいただいた直後から、留守番の「ガン吠え」が収まってきたのです。
e0135972_1427574.jpg


もちろん、すっかり収まったわけではなくまだ最初少し吠えていますが、自分の状況が理解できたようで随分静かになりました。

人がいればストーカーのように見張って付いてきますが、一日在宅できる日は気がつくと別室で寝ている事も・・・

これなら、お留守番が少しながいK様のお宅でも暮らしていけるのでは?と思えてきたので、今度は私の方からK様ご夫妻にお願いして、うたまる君とお見合いしていただきました。

結果・・・
ご夫妻とも大変うたまる君のことをきにいってくださり、家族に迎えてもらえることになりました。
e0135972_14362880.jpg


まだ、若いうたまる君、この「吠え」さえなければ性格も花丸、健康面の不安もありません。
e0135972_14372750.jpg

やさしいパパとママの一人っ子になって今よりももっともっと、甘えん坊の可愛いワンコになるでしょう。
e0135972_1442834.jpg


新しいお家に慣れるまで、また少し吠えてしまうかもしれませんが、ひとなつっこいうたまる君ならすぐに慣れてくれると預かりは信じています。
e0135972_14432793.jpg


写真は傷の保護のため着せている洋服が鬱陶しいらしく(^_^;)
背中をこすりつけたり、エリザベスカラーを前脚で器用にこすってひっくり返してみたり・・・

預かり宅が安心だと思えてきた今日この頃はへそ天で寝るようになったうたまる君です。

今朝のお散歩でのうたまる君
e0135972_14454791.jpg

とても綺麗なワンコさんです
e0135972_14463643.jpg

お散歩で会うどんなワンコにもとてもおとなしく静かに挨拶ができるうたまる君
e0135972_14472480.jpg

あっという間に赤い糸をたぐり寄せました。
e0135972_14475215.jpg

明日のいぬ親会はぱぴこちゃんの応援で預かりと一緒に行こうと思っています。

見かけたら声をかけてくださいね!
e0135972_14485039.jpg
e0135972_14491215.jpg


ぱぴこちゃんは引き続き、いぬ親様を募集中!!
明日のいぬ親会にも参加します!!
e0135972_145199.jpg
応援よろしくお願いします。
[PR]
by tomotenkuri | 2010-10-16 14:30 | うたまる

去勢手術

健康面ではフィラリアマイナス、検便マイナス、皮膚や被毛の状態も比較的きれいなうたまる君。

一緒に引き出したメスのぱぴこちゃんも検査の結果は同様で体調もよかったので、連休最後の11日に二頭一緒に去勢・不妊の手術を受けました。

うたまる君は車酔いもまったくなく、ケージがなくてもおとなしく車に乗っていられます。
e0135972_139231.jpg

病院へ行く途中で同じ佐倉市在住の預かりさんが預かっているぱぴこちゃんをお迎えによりました。
「早く、こないかな?」
e0135972_140444.jpg


4日ぶりのご対面で嬉しそうなうたまる君。
e0135972_141769.jpg

一方のぱぴこちゃんは少々迷惑そう(苦笑)
e0135972_1415017.jpg

ミックスの成犬としてはかなり小さく体重4.5キロしかないぱぴこちゃん。

毛の質や模様などはうたまる君と良く似ています。
そして、性格も・・・・・

人慣れも抜群で問題なし、一人暮らしでお仕事をなさっている現預かりさん宅では、一部屋室内フリーの留守番をしていますが、いたずらは無いそうです。

が、うたまる君同様、人が見えなくなると寂し鳴きが結構ひどいそうで・・・
留守の間、どの位鳴いているのか??? まだちょっと検討が付かない状態だそうです。

2匹とも少しづつ改善の方向に向かっていますが、捕獲されセンターに収容後、精神的に不安な日々を過ごしてきた結果なのでしょう。
もう、捨てられないとわかれば寂し鳴きも止まると思いますが、いまはなるべくお留守の少ないご家庭が向いている二頭です。

病院の前で仲良く臭いを嗅いで
e0135972_1475937.jpg

シンクロしてます
e0135972_1483088.jpg

こうしてみると、やはり良く似ている二頭です。

手術前、ちょっと不安なぱぴこちゃん
e0135972_150126.jpg

と、うたまる君
e0135972_1505281.jpg

もちろん、二頭とも無事に手術は終了し、夜お迎えに行きました。

病院スタッフのHさん、お忙しい中、二頭一度に手術の予定を入れていただいてありがとうございました。
そして、お世話さまでした。

ぱこちゃん(ぱぴこちゃんの呼び名)は預かりさんがお仕事から帰るまでしばらく我が家で休んでました。
e0135972_1534915.jpg

どうしてもメス犬の避妊手術の方が身体へのダメージは大きいのでまだ少しぐったりしているぱこちゃん
e0135972_155554.jpg


一方、うたまる君は帰宅すると嬉しかったらしく、テンションマックス状態。
はしゃいでいましたがやはり疲れた様子。

初めてへそ天で寝てしまいました
e0135972_1562594.jpg


手術翌日の昨日は私は仕事の日。
在宅している母に頼んで出かけましたら、結局やはりかなり大きな声で鳴くのですぐに一階の母の部屋に連れて行ってもらってそこにずっといたそうです。

お世話をしている私でなく、母でも一緒にいてくれればおとなしくなった所は進歩で・・・
私がお風呂やトイレで部屋からいなくなってもその間くらいは静かに待てるようになってきました。

傷を舐めないようにお尻まで入る洋服を着用してもおとなしいうたまる君
e0135972_201878.jpg

e0135972_205028.jpg

ぱこちゃんと一緒に今週末17日のいぬ親会に参加予定です
e0135972_213026.jpg


うたまる君とぱぴこちゃんは、ちばわんでいぬ親さんを募集中です!


うたまる君は成犬オスのページ
ぱぴこちゃんは成犬メスのページをご覧の上、アンケートをお送り下さい。

ぱぴこちゃんの預かりさんはネットの環境がありませんので、質問などありましたらこのブログにコメントを入れてください。
[PR]
by tomotenkuri | 2010-10-14 02:02 | うたまる

新入り「うたまる」

7日(木)の夕方、愛護センターから引き出した新入りわんこ「うたまる」君は・・・
9月17日に横芝光町で他の2頭と一緒に捕獲されたワンコです。
捕獲されたとき、愛護センターの収容犬情報に掲載された写真がこれ
e0135972_0212616.jpg

この2日後にやはり同じ場所でもう一頭捕獲されており、現在その子も検疫にかけてもらっています。

この4頭、毛色や身体の大きさが微妙に違いがありますが、年齢も同じくらい、容姿は良く似ています。
兄弟なのでしょうか?

私が預かった「うたまる」君も、同時に引き出した「ぱぴこ」ちゃんというメス犬もとにかく人と一緒にいたい!離れると泣き出す位、人慣れしているワンコです。
仔犬ではなく既に成犬になっているこの子達をどんな理由があって前の飼い主さんは、捨ててしまったのでしょうか?

私の姿がみえなくなると必死で泣き出すうたまる君をみていて、やりきれない気持ちになりました。

今日ですでに引き出し後3日経ってしまいました。
それまでの様子をおしらせしますね。

まず、引き出し当日はおそくなってしまったので、シャンプーするのが精一杯。
シャンプーはあまり好きでは無い様子でしたがおとなしくさせてくれました。

皮膚や被毛にはトラブルはなく、綺麗になったらフワフワの長毛でとても可愛くなりました。

翌日はかかりつけの病院でフィラリアの検査と検便、健康診断です。
人慣れ抜群のうたまるくんは病院でも物怖じしません。
e0135972_0295534.jpg


耳の中を見てもらってもおとなしく
e0135972_0305979.jpg


フィラリアの採血は三人がかりでVIP待遇(笑
e0135972_031391.jpg

これは犬が怖い思いをしないようにという病院側の配慮で、後ろ足から先生が採血する時に、助手の人がおやつをくれます。
こうすると本犬は注射されても気がつかないまま、「おやつもらった」といううれしさだけ残るという寸法。

おかげで検査後もこの笑顔
e0135972_0335048.jpg


フィラリア・検便とも検査はマイナス。
このところ、いおりちゃん、ちーば君とフィラリア陽性の子が続いたのでホットしました。
検便もマイナスなのはかぼすちゃん以来の快挙。

愛護センターの環境も少しづつよくなっている証拠なのかもしれません。

夜、お散歩もご飯もおわってサークルのなかで、足を投げ出して寝てしまいました。
e0135972_0361842.jpg

愛護センターのつめたいコンクリートではきっとこうやって寝ることもままならなかったでしょう。
少しは安心できたようです。

会社から帰った主人には「ワンワン」結構警戒の吠えを最初だけしましたが・・
少したったらもうこんな感じ(笑
e0135972_0374848.jpg

気が小さい子ですが、とにかく人が大好きです。

今日は思いついてオモチャをだしてあげたら・・・
e0135972_0384678.jpg

気が向くと遊びだしました
e0135972_0391266.jpg


シェルティーが混じっているのか?少し長毛の毛は柔らかで触り心地抜群です
e0135972_0401235.jpg


お姉さん達にはまだ嫌われていますが(若犬で行動が激しいところがあるので・・・)
自分はすっかり仲間のつもりらしいうた君^_^; 
e0135972_0412426.jpg

お散歩は一緒に歩きたいようです。

既に名前も覚え呼び戻しもできました
e0135972_0421554.jpg

明日まで連休なので一緒にいられますが、私の姿が見えないとかなり激しく「吠え」が始まります。
少しづつなれてくれれば・・・・

問題に思えるのはそこだけ、攻撃性もないしとても従順な性格で、室内のいたずらも人が見ていれば「だめ」の声だけで制止できますし、いたずらと言っても食べ物だけで家具や物を壊すことはなさそうです。

他犬に対しても相手に怒られれば素直に引きますし、猫とも問題ありません。

明日は一緒に引き出したぱぴこちゃんと去勢・不妊の手術に行ってきます。
e0135972_0461100.jpg

(写真はぱぴこちゃんです)

[PR]
by tomotenkuri | 2010-10-11 00:46

国体ともずく君

もうすっかり終わっちゃったんですが。。。

今年は千葉県が国体開催県になっていて、地元佐倉市はレスリングとカヌーの会場でした。
先週日曜日にもずく君もいっしょにカヌーの見学にいったのでその写真をアップ・・・
と本当は火曜日に思ったんです(滝汗

パソコンが途中でダウンして、それから忙しくて今日までアップしそこねちゃいました。
せっかく写真の準備もしたので、遅くなったけど見て下さいね〜

我が家から徒歩5分かからない佐倉市民体育館では・・
普段閉鎖されている2階への入り口もこんな風に綺麗になって・・
e0135972_123210100.jpg

2階に上る、外階段はこんなに賑やかでした。
e0135972_12294413.jpg


実は体育館の中に入ったのは在住15年で初めてかも〜
レスリング会場
e0135972_12331773.jpg


もちろん体育館内は犬は入れません。

この後、印旛沼で開催しているカヌーをもずく君も一緒に見に行きました。
e0135972_12343151.jpg

川にみえますが印旛沼の一部で川よりも波がないので、競技はやりやすいそうです。
e0135972_1238585.jpg


散歩が大好きなもずく君はゴキゲン
e0135972_12422637.jpg

前脚の欠損があるのであまりたくさんは歩くことができませんが、お外は大好き!
e0135972_12385075.jpg

この笑顔です
e0135972_12391389.jpg


カヌー会場はオランダ風車があるふるさと広場近く
e0135972_12413375.jpg


シニアワンコ3頭で記念撮影してきました
e0135972_12421170.jpg


木曜日に愛護センターから新しい預かり犬を引き出しました。

推定1〜2歳、甘えん坊の男の子です
e0135972_12444088.jpg

名前:うたまる(呼び名は「うた」)
体重:7キロ
性別:オス(近日去勢手術予定)
フィラリアマイナス、検便マイナス、やせ気味ですが健康面は問題なしでした。
ただ、まだ便が軟らかいのと、人間の姿が見えないとワンワン鳴いてしまう甘えた君です。

人間大好き♪攻撃性はなく、お留守番以外は問題なし!のうたまる君
17日のいぬ親会に参加予定です。

応援よろしくおねがいします!!

17日のいぬ親会に参加予定です!!
[PR]
by tomotenkuri | 2010-10-09 12:48 | 卒業わんこ

お知らせと報告、色々あり

まず、以前なごんちゃんをお預かり時に取材をうけたケーブルネット296さんの番組
ふるさと発!ドキュメント 「地域∞無限大」(7月16日~31日放送)
「なんて呼べばいい?~捨てられた犬猫たちに出会って~」

このドキュメンタリ番組が「地方の時代」という全国規模のコンクールで入選したそうです。
http://www.regionalism.jp/work/2010.html
制作者Sさん曰く、
「地域以外の人の目にも触れる機会が少し増えたので、この現状を知ってもらえることができそうです。」

詳しいことはkoro-baboonさんのブログ「ホットドッグBoon」9月23日の記事をご覧下さい。

ケーブルテレビに加入していない我が家では残念ながら放映時には見ることが出来ませんでしたが、放送終了後にDVDをいただいて番組を拝見しました。
「ホットドッグBoon」で内容が詳しく紹介されていますが、制作者のSさんのナレーションは淡々としているのですが、心にしみこみます。

事実をあるがまま正確に伝え、見る側に考えさせれる番組とでも申し上げればよいのでしょうか・・・

番組を見てみたいという方は  tenkuriyone☆yahoo.co.jp(☆を@に変えてください)まで送り先をお知らせ下さい。
私からDVDをお送りしますので・・・

*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*
そして、9月29日の記事の迷子犬。
急転直下、10月2日になんとkoro-baboonさんが保護してくれました。

この写真は保護前、午前中にご飯を持っていったときの保護犬君
e0135972_17162240.jpg

e0135972_17163257.jpg
強面にみえますが、本物はもっとおとなしい感じでした。
この日はお天気が良く日差しがまぶしかったんです
e0135972_1717448.jpg

私がご飯をあげに行ったのは11時頃、その後午後になってkoro-baboonさんから電話があり・・・

「迷子犬がいる辺りまで来ているので見に行って見ます」との事。

用心深い子なので多分初めての人には警戒して捕まらないとおもうと伝えたのですが
なんと!!
数分後に「捕まった」とまた連絡がありました。

これには心底驚いて、どんなときでもパニクルことはないとおもっていた自分がパニックでした。

koro-baboonさんの好意でとりあえず自宅に連れて帰ってくれると言うので、一旦電話を切って考えました。

少し冷静になって必要な薬類やシャンプー、フード、リード等用意して夕方にkoro-baboonさんの自宅まで伺いました。
間近で見る保護犬君はびっくりするくらいおとなしく、私たちの感想は「おとなしくて飼いやすそう」という意見で一致。
少しビビリちゃんですが、攻撃性はなく、口の中もみせてくれるし抱っこもOK、お腹も見せてくれました。

躾がなっていない家庭犬よりも上級です。

私の記事を見てkoro-baboonさんが捕獲してくれた迷子犬。
私が預かるべきなのですが、koro-baboonさんが我が家の状況を心配してくれて・・・
(我が家は来週新しい保護犬が来る予定になっていました)
おとなしいし、お家のベスちゃんとも大丈夫そうだから、しばらくお家で預かってくれることになりました。

この写真は夕方、koro-baboonさんのお家で少し安心した保護犬君。
e0135972_17262464.jpg
数時間の間に表情が和らいできていました。安心したのでしょう。

休み明けの今日、愛護センターと警察にも届けを済ませました。

koro-baboonさんのブログ「ホットドックBoon」に保護時からその後の迷子犬の様子は詳しく掲載してくれています。
是非ご覧下さい。

凄く正直に書いちゃうと・・・・・
まさか、こんなに早く捕獲できるとは思っていなくて、捕まったと聞いたとき本当に「どうしよう」と思いました。

我が家は預かりボラをしていますが、同居している両親は犬を預かる事について諸手を挙げて「賛成」と言う訳ではありません。
同居といっても生活の場は全く別なのでなるべく両親には関わらないよう犬達のお世話をしています。

私自身は犬達の為なら、自分の事は後回しでかまわないとおもっていますし、旦那さんは普段家に居ない事もあって接する時間が短い、保護犬達の事は可愛がってくれるのですが・・・

両親は私がやっている事は解ってくれているようですが、それとは裏腹に自分の家に色々な犬が次々をやって来ることに抵抗があるようです。
今回の保護犬君のことも、もちろん事前に家族には話をしていませんでした。

簡単に「保護」と言いますが、それはその犬のこれから先一生を自分が責任を持つと言うこと。
決して簡単な事ではありません。

でも、離れている迷子の犬をみてしまったら放っておくこともできません。

この先また、こんな場面に遭遇したら自分はどうするのだろう??
自問自答していますが、全く答えが見えません。

今回はkoro-baboonさんに助けてもらい無事に保護できたこと、迷子犬君にとっては幸せだったと思います。
隠れ場所の工事が終わりになっていて、詰め所のプレハブやトイレも撤去されていました。

工事現場の人たちも彼の事を心配していたそうです。

とにかく無事に保護はできたので、koro-baboonさんと相談しながら飼い主さんが見つからなければいぬ親さんの募集をしようと思っています。

*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*
この下に10月1日(金)に愛護センター訪問レポートをアップしました。
悔しいけれど、これが千葉県愛護センターの現実です。
目をそらさず、是非現実をご覧になって下さい。
[PR]
by tomotenkuri | 2010-10-04 17:26

10月1日(金)愛護センターレポート

既にちばわんの愛護センターレポートブログにも掲載していますが・・・
10月1日に愛護センターを訪問したレポートです。

ちばわん担当スタッフさんが保護されている犬の情報などを加筆してくださっています。
レポート中の質問などありましたら、このブログにコメントを下さい。
保護されている犬の預かりや譲渡を希望の方はちばわん(一番下に連絡先あり)までご連絡をお願いします。

*******************************************************************

ちばわんスタッフ4名で犬の引き出しのため、センターを訪問しました。
f0078320_2123056.jpg


ここで処分された動物達の供養の為の慰霊塔には綺麗なお花が備えてありました。
f0078320_2141187.jpg

もっぱら人間の都合で「処分」された動物達。
どうか、天国で安らかにと祈るばかりです。

昨日譲渡会があったそうで、仔犬舎に残っていた仔犬は4頭だけでした。
f0078320_2182473.jpg
f0078320_2184775.jpg

この中から、ちょっとビビリでいつも隅っこにいたこの子と
f0078320_2192653.jpg


一番長く子犬舎にいた(何と8月20日から!)この子の2頭を本日引き出しました。
f0078320_2193879.jpg

預かりボランティアの元で体調が整い次第、いぬ親様の募集をします。

収容棟の様子です。

やっとごはんを食べる事ができるようになったくらいの仔猫が多く、全部で11頭いました。
f0078320_2214321.jpg

f0078320_2221355.jpg

f0078320_2215372.jpg
f0078320_222629.jpg

写真を撮ろうとカメラを向けると一斉に鳴きながらこちらによってきます。
人なつっこく可愛い仔猫ばかりでした。

仔猫は「捕獲」はなく、すべて持ち込みです。
生まれてすぐに「処分」しようとする命なら、生まれないように避妊・去勢手術をしてあげてください。
どんなに小さくても命の重さは同じです。
生まれた仔猫は一生懸命生きようをしています。
決して殺される為に生まれて来たわけではないはずです。

前回のレポートにも載っていた、成猫1頭は怪我をしていて具合がわるそうで丸まったまま動きませんでした。
f0078320_224743.jpg


収容1日目の部屋には7頭
このうち、首にピンクのヒモを付けている検疫中の犬が3頭いました。
f0078320_2293114.jpg
 △小ぶりの成犬オス
f0078320_229393.jpg
 △甲斐犬風子犬姉妹も元気そうでした。
f0078320_2295196.jpg
 △この姉妹の預かり先募集中です。

以下の4頭は同じ飼い主が持ち込んだ子だそうで、ヨーキーに見える2頭とプードル?に見える1頭、垂れ耳のミニピン?みたいな黒い小さめの子。
4頭ともとてもおとなしく部屋の一番奥でじっとうずくまったままほとんど動きませんでした。
f0078320_2354537.jpg
この4頭は行き先が決まっていないようです。

写真をとって見学をしている間に今日の捕獲犬が1頭収容されて8頭になりました
f0078320_2425916.jpg
少し太って見えるコーギーで立派な胴輪も付けています。
自分のおかれた環境にとてもとまどっている様子でせわしなく歩き回っていました。

収容2日目には4頭
f0078320_2445317.jpg

大きめの2頭は赤いヒモが付いていましたが・・


鼻黒のオス(収容犬情報sa100930-01 山武市松ケ谷で捕獲 収容期限10月7日)と
f0078320_246965.jpg

黒白のオス(収容犬情報kt100930-01 東庄町石出で捕獲 収容期限10月7日)
f0078320_2482595.jpg
の2頭には譲渡の印がありませんでした。
2頭とも全く吠えることもなく静かに遠くからこちらを眺めているおとなしい子です。

収容3日目は5頭
f0078320_2511628.jpg

その中で譲渡の赤いヒモがついていたのは4頭いました。
手前の黒いモコモコの子は今日ちばわんでひきだしました。
f0078320_2513167.jpg

1頭だけ印が付いていなかった子
f0078320_2525897.jpg
おそらく体重15kgくらいのメス(収容犬情報in100929-01 成田市東野台で捕獲 収容期限10月7日)
吠えることもなく、おとなしく、じっとこちらをみていました。
f0078320_2553545.jpg
被毛も綺麗です。
飼い主さんは捜していないのでしょうか?
このままだと処分になってしまいます。

4日目の部屋には犬はいませんでした。

収容5日目、最終日の部屋には12頭もの犬が収容されていました。
f0078320_259820.jpg
f0078320_2592535.jpg
f0078320_259463.jpg

おっぱいが張っていて子育て中とおもえる母犬(収容犬情報ks100928-02 旭市三川で捕獲、収容期限10月4日)もいて、静かに座ってこちらを見つめます。
f0078320_335919.jpg
体重10kg以下と思われる小さめの犬が目立って多く収容犬情報に掲載されていない犬が多いので職員さんに聞いてみたら・・・

今日5頭まとめて持ち込んだ飼い主がいたそうです。

収容されている犬達全部を処分から救ってあげたいとおもいますが、預かるボランティアがいなければそれはできないこと・・・
最終部屋の中から3頭だけ、検疫にかけてもらいました。
f0078320_331269.jpg


今日は訪問が夕方だったため、3頭の検疫の手続きを待っている間におそらく定点収集で持ち込まれたと思われる大型犬3頭がトラックで運ばれてきました。

まだ若そうな立派なシェパードの雄
f0078320_3242734.jpg

左目が病気なのか涙焼けしてしまっているイエローラブ
f0078320_3252088.jpg

どちらも明らかに純血種です。

大型犬は仔犬の頃からきちんとしつけをして適切な飼育をしなければ力が強いだけに手に負えなくなります。
この2頭はどちらも全く鳴き声を上げずおとなしい子でしたたが・・・

仔犬から成犬になって手に負えなくなったのか?病気だから面倒を見るのが厭になったのか?
いずれにせよ、人間側の一方的な都合でしかありません。

それくらいの事で簡単に処分するくらいなら最初から飼うべきではありません。

一度家族として飼育したのなら、その子が天寿を全うするまでどんなことが会っても責任を負う覚悟がなければ動物の飼育はできません。

以下は検疫室にいる犬たち
チワワ2頭、見るからに不安な表情で寄り添っていました。
f0078320_363171.jpg


飼い主持ち込みのチワワ達
f0078320_374982.jpg


行き先が決まっていないビーグルミックス
f0078320_382374.jpg
おとなしい子でした。

飼い主持ち込みのメスも行き先が決まっていないようです。
f0078320_39121.jpg


2週間の検疫を乗り越えたこの子は本日引き出しました
f0078320_393130.jpg
人間をみるとずっと尻尾を振っているような人慣れ抜群の可愛いメスです。

ちばわんでお掃除ボランティアをしている検疫室にいた仔犬たち
f0078320_3104667.jpg
f0078320_3105969.jpg
f0078320_3111516.jpg
f0078320_3113119.jpg
f0078320_3114639.jpg
f0078320_312157.jpg
殺処分を免れて検疫にかけてもらった仔犬たちですが、決してこれで命の保証がされた訳ではありません。

職員の方達も大変な努力をしてくださっていますが、センターの中では常に感染症を発症してしまう危険と隣り合わせです。
検疫にかけてもらっても、途中で亡くなってしまう犬は仔犬だけでなく成犬でもたくさんいるのです。

成犬の場合はワクチンを定期的に接種することで感染症で命を落とす可能性がとても低くなります。
一般家庭で飼育しているだけだとワクチンの重要性は実感がわきませんが、センターに来る度にいかにワクチン接種が重要なことか思い知らされます。

今日訪れた4名中の2人は運搬専門のボランティアさんでした。
その内の一人、Mさんは3ヵ月ぶりに訪れたそうですが、収容棟の臭いが以前と比べほとんどしなくなっていて清潔に保たれている事に驚いたと言っていました。

職員の皆さんもセンターにお手伝いに入っているボランティア達も皆、1頭でも多くの動物の命を救おうと必死で自分のできることをしています。

収容されている犬達はほとんどが家庭犬として飼育されていた「人馴れ」している犬です。
引き取ってもらえる方がいたら・・・、預かってもらえる方がいたら・・・
その子の居場所が確保できれば、処分されなくて済むのです。


当レポートをご覧になって

1頭でも気になる子がいましたらセンターではなくちばわんまでご連絡ください。

譲渡の赤い印がついていても、行き先が決まっていない場合もあります。

なお、安否確認のみだけではなく

譲渡希望や預かり希望の方を優先させていただきますので予めご了承願います。


『自分は何もできないけれどこの子をどうか引き出して下さい』
というメールはどうかご容赦願います。

預かり先・譲渡先がなくては引き出しはできません。

    *           *          *

問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)
お名前のないお問い合わせメールには対応できない場合もありますので
何卒ご了承下さい。
新規の預かりをご希望下さる場合は、一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。

『犬の預かりアンケートフォーム』 ※小型犬限定の新規預かり希望は、ちばわんでは受け付けていません


『猫の預りアンケートフォーム』 ※子猫限定の新規預かり希望は受け付けていません



お申し込みは、ご家族でよくご相談の上、お願いします。
当然ながら、簡単な審査はさせていただきます。


なお、譲渡希望・預かり希望は、関東限定とさせていただきます。
どうぞご理解下さい。 
[PR]
by tomotenkuri | 2010-10-04 16:37 | 愛護センター


元保護犬達の日記


by tomotenkuri

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

預かり猫

我家の猫になりました
たっち
たっち


卒業わんこ&にゃんこ うきわ
うきわ改め王(わん)ちゃん

ちょび助
みっつ改めちょび助ちゃん

ポテト
たま改めポテトちゃん

めう
あん改めめうちゃん

ククナ
たわわ改めククナ君

マリンちゃん
もえ改めマリンちゃん

すみれちゃん
とまと改めすみれちゃん

のんちゃん
すいか改めのんちゃん

小太郎君
さんじ改め小太郎君

くくちゃん
あおい改めくくちゃん

サンディ
ジャム改めサンディー君

そら
じんべい改そら君

おかき
おかきちゃん

こまこ
こまこちゃん

ポーラ
くるり改めポーラちゃん

ヨッシー
ヨシツネ君

ちこ
ちはや改めちこちゃん

うたまる
うたまるくん

リク
ちーばくん改めリクくん
いおり
いおりちゃん

なごん
なごんちゃん
おとは
おとは改め糸ちゃん

がんも
がんもくん
もなか
もなかちゃん
もみじ
もみじさん
イギー
ちまき改めイギーくん
ボノ
ボノくん
あんず
あんずちゃん
あずき
アズキ改めあずきちゃん
かぼす
かぼすちゃん
もずく
もずくくん
かな
かなかな改めかなちゃん
アル
なおなお改め我流(アル)ちゃん

ちばわん
いつでも里親募集中

エキサイト以外のブログ

おてわん一家ういず幸☆2
フッサリーノへの道
しっぽの生えた天使達 。。。2
お昼寝大好き~肉球家族
まめつぶあんず~
いぬまみれ
カプアン通信
ワンだふるでグルメな日々
I LOVE 柴わんこ花
hoihoi cats
しみゃおとジュリナ日記
すみれとママのつれづれ日記
のんびり屋 せっちょこっちょ記

フォロー中のブログ

ズボラーおばさんの暮らし...
ちばわん いぬ親会in篠崎
いつも笑顔で!Ver2
ちばわん 愛護センター・...
チロチロ日記  ~ブログ編~
もももの部屋(家族を待っ...
le grenier d...
あびことなおみと紺ジャージ
よーい☆ドン!
ちばわん・ご協力のお願い...
ちばわん いぬ親会in八王子
かぼすちゃんとおさんぽ。
旧・柴犬家族
ホットドッグBoon
オスカーの部屋
ちーの助が行く
預かりわんこ日記~むつみ...
一緒に歩こっ!
a Day in the...
わんさ★わんさ
ちばわんいぬ親会in湘南
届け!被災地の犬や猫たち...
ちばわん いぬ親会in品川
ちばわん ねこ親会in品川
新ワンだふるでグルメな日々

カテゴリ

全体
いぬ親募集
我が家の家族
ちばわん
おかき
愛護センター
卒業わんこ
じんべい
うたまる
ちはや
いおり
ちーば
がんも
ヨシツネ
もなか
おとは
もみじ
ちまき
ボノ
お知らせとお願い
あんず
アズキ
かぼす
もずく
つつじ

なごん
ちーば&いおり
なごん
こまこ&くるり
ジャム
たわわ一家
迷子犬捜索
たっち
未分類

以前の記事

2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月

検索

その他のジャンル

タグ

(172)
(113)
(92)
(66)
(66)
(57)
(43)
(41)
(41)
(35)
(34)
(34)
(32)
(27)
(22)

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

犬
動物・ペット

画像一覧