<   2011年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

いおりちゃん、一周年

またまた、かなり前の報告になりますが(滝汗

9月18日のいぬ親会に遊びに来てくれたワンコがもう一人!
e0135972_947756.jpg
昨年9月に卒業した「いおり」ちゃん

いおりちゃんのお家は預り宅から徒歩圏内の佐倉市なのですが、この日はいおりちゃんが卒業して丁度一周年の記念日だったそうで、お父さんがわざわざいぬ親会にいおりちゃんと一緒にきてくださいました。
ボケボケの預りはすっかり忘れていました(*_*;
ごめんなさい

いおりちゃんは、昨年夏のお盆の頃、収容犬がとても少ない中、比較的新しい首輪をつけてとても不安な表情で収容部屋にいました。

飼い主さんは引取りにきてくれない、譲渡先もない状態でしたが、職員さんが「この子はとても良い子なんだよ。懐っこいし、口が出ることもなくて・・・・」とセンターを訪れていた私に、一生懸命いおりちゃんをアピールしてくれたのを覚えています。

引き出した当日、いつもなら新しいワンコは他の部屋に隔離するのですが、いおりちゃんは「お世話人」の姿がみえないととたんに「わんわん」と悲鳴のような大きな声で泣いてしまうので、仕方がなく私の寝室にケージを入れて他の犬達と一緒に休みました。

夜中の2時、真っ暗な中そ〜っとトイレに行こうと部屋を出たら目ざとく見つかって「わんわん!」
(我家は私の両親同居&普段全く声を出さない犬達という環境なので吠え声の大きい犬はNGなんです)
この先どうなることやら?と頭を抱えた一晩だったのですが、とても賢いいおりちゃんは一日で自分の置かれた状況を判断し、安心してくれたらしく、翌日からはピタっとなかなくなりました。

そればかりか、こちらの「言葉」をとても良く理解し、それを一度で聞いてくれる賢さを持っているワンちゃんでした。
人がこれだけ好きでおそらく可愛がって飼育されていたであろうこんな犬を「放棄」する飼い主が本当に信じられません。

その頃、まだまだ不安な表情だったいおりちゃんですが、今は本来の笑顔全開。
どこに言っても写真のようにお腹を出して「撫でて〜」と甘えてくれるようになったのは、お父さんの愛情の賜物ですね。

いおりちゃんのお父さんからはいぬ親会の翌日に丁寧なメールといおりちゃんの写真を送っていただきました。
ご紹介するのが、大変大変遅くなってしまってすみませんm(_ _;)m

* … * … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * … * … * … * … * … *

昨日、直接会っていただきましたが、けじめとして1年後の報告をさせて下さい。

昨夜は、一周年記念 & 想定誕生日(6歳)のお祝いをしました。
と言っても、ただ好きそうな食べ物を上げただけですが。
この一年間の観察で、いおりちゃんの好物No.1は「こうや豆腐」という結論に達しました。(麺類除く)
超薄味スペシャルバージョンこうや豆腐をあげました。
いおりちゃん、安上がりです。

この夏のいおりちゃんのマイブームは、「セミ狩り」でした。
夜の公園の照明の下で、落ちて来るセミや低空飛行のセミを狙いました。
一夏で15匹くらい仕留めました。

真夏は昼間に連れ出すのは自粛していました。
8月末、そろそろいいかとドッグランに行きました。
まだまだ暑かったようで、だれもいなくて、貸切状態でした。

写真は
e0135972_9471171.jpg
セミを狙って待ち構えているところ

e0135972_947851.jpg
貸切状態だったドッグラン

e0135972_9471273.jpg
ドッグラン隣のひまわり畑前で微笑む

e0135972_947946.jpg
昨日のいぬ親会で撫でていただき満足げ

e0135972_9471317.jpg
こうや豆腐、咥えて逃げようとしている?

すべての保護犬達がいおりちゃんのように、修正かわいがってもらえるお家がみつかりますように!!

いおりちゃんの同じ頃、卒業したリク君のいぬ親様からもメールと手紙をいただいています。
改めて(なるべく早く)ご紹介させていただきますね!
[PR]
by tomotenkuri | 2011-09-29 10:12 | ちーば&いおり | Comments(2)

今更ですが・・・・いぬ親会の報告と御礼

今日は品川でちばわんいぬ親会・ねこ親会が開かれています。
じん君と預かりは参加していませんが・・・
たくさんの素敵な御縁が繋がることをお祈りしています。

テンちゃんのことで傷心の上、いぬ親会前後にちょっと大変だったtomotenkuri家。
そのため、全くブログを更新しないまま、あっという間にまた一週間が経ってしまいました。

じんべい君のいぬ親会参加を応援&心配してくださった皆様、申しわけありませんでした。

まず3回目の参加となったじんべい君のいぬ親会ですが・・・

普段はお散歩で会うワンちゃんにも愛想よく、少し気が弱いところもあるけれど、人間は大好き♪のじんべい君なのですが、どうにも「いぬ親会」が苦手らしく・・・・

日陰に入ってもらおうとテントに誘導するのですが、他のワンちゃん達からは離れよう離れようとしてこの始末
e0135972_11595064.jpg
とても暑い日だったのに、いぬ親会の最中3時間の殆どを屋根のない「日なた」ですごしたじんべい君なのでした(-_-;)

過去、シャイなワンちゃんはいぬ親会が苦手な子は結構いましたが、じん君のそれはちょっと群をぬいているかもしれません。

あ、でも他のワンちゃんと喧嘩をするとかそんなことは全くありません。
で、いぬ親会が終わればこの笑顔になります
e0135972_11595285.jpg
終始テントの後ろの目立たないスペースで静かに気配を消していたじんべい君。
いぬ親希望者さんとは一人もお話することなく、終わったいぬ親会でした。

じん君目当ての方とはお話をしませんでしたが・・・・

いつも応援に来てくれる卒業ワンのあずきちゃん
e0135972_1204712.jpg

ママさんがテンちゃんのためにと「プロポリス」を下さいました。
e0135972_1205281.jpg
高価なものをありがとうございました。
あずきママさんはテンの病気が治るようにとわざわざ買ってくださったのだと思います。
(倒れてからなくなるまでがあまりに早かったので)「間に合わなくて・・・・」と言ってくださったママさんのお気持ちがとても嬉しかったです。
テンちゃんにお供えして、また体調の悪いワンコが来た時に使わせていただきますね。

ろく母さんはこんなに素敵なおむつケーキならぬペットシーツケーキをわざわざ持って来てくれました
e0135972_11595159.jpg
聞くのを忘れたんですが・・・
多分これはろく母さんの手作りですよね?

テンの写真まで添えてくださり、ありがとうございました。
「中身はペットシーツなので、お供えしたら後はシーツとして使えるそうですが、勿体なくてつかえません〜

たの子さんきららママさんからはワンコのおやつをいただき
e0135972_11595153.jpg


いつも篠崎定例いぬ親会の運営ボランティアをしてくださっているミュウさんからはこんなに可愛いブリザードフラワーをいただきました
e0135972_11595242.jpg


この他写真を撮り忘れましたが、あんあんママさんから可愛いお花も頂いて、皆テンちゃんにお供えさせていただきました。
預かりボランティアをするようになってから、預りワンコのことが第一になり、テンちゃんと日常あまり接する機会がなかったような気がします。
元々とても自立したオンナだったテンちゃんは、老齢だったこともあり、飼い主の私に甘えることもありませんでした。

倒れてからの19日間はつきっきりで看病して、思い出してみたらテンちゃんのことを一番にしてあげたのは久しぶりでした。

こんな預かりカーサンに「元気だしてください」とkyuuzou_uさんが私に援助物資を下さいました
e0135972_11595210.jpg
ビールはすでに飲んだ後で気がついて写真を取った呑べえの預りでした(^_^;)

たくさんの皆さんの御心遣いに本当に感謝です。ありがとうございました。

冒頭のちょっと大変だった出来事はこのわんこ
e0135972_12492475.jpg


koro-baboonさん預かりのレイディちゃん

家族旅行のため8日間我家に滞在していたのですが、体重17.5キロのパワーあるレイちゃんに振り回っされぱなしのtomotenkuriでした。
[PR]
by tomotenkuri | 2011-09-25 12:44 | じんべい | Comments(8)

明日のいぬ親会参加します

ブログが全然更新できていない状態ですみません。

じん君はとても元気でやっています。

取り急ぎ・・・・
明日の定例いぬ親会はじんべい君と一緒に参加します!
e0135972_23221932.jpg


じんべい君、預りの宣伝不足で、我家に滞在4ヶ月を迎えようとしていますが・・・・
長時間の留守番もフリーでOK!
自分のおもちゃはカミカミしますが、それ以外の物にはいたずらも全くありません。

先住犬や猫との同居も全く問題ない、本当に手間がかからない良い子です
e0135972_23221882.jpg


預かり当初、多飲多尿だった症状も今現在は一日の飲水量が1リットル程度に落ち着いており、おしっこも一日2回の散歩で外で済ませるだけになりました。

9月中に一度尿検査と血液検査をする予定でいますが・・・・
腎不全は治る病気ではありませんが、多分食事療法だけ継続してもらえれば当分問題無いと思われます。

13キロある身体のわりに気が小さい男の子ですが、人が大好きで相手をしてくれる人がいればいつまでもじゃれて遊び、そんなときは子犬のようです。
犬同士も最初少し警戒しますが、慣れれば一緒に遊ぶこともできます。

明日、じんべい君のよい誤嚥がありますように!!
[PR]
by tomotenkuri | 2011-09-17 23:30 | じんべい | Comments(4)

テンちゃん

テンの訃報にたくさんの皆様からコメントを頂いて本当にありがとうございました。

本来なら、ひとつひとつのコメントにお返事をしなくてはならないのですが・・・
頂いたコメントを読ませていただき、お返事を書こうと思うと
そのたびにテンの事を思い出し、まだまだ涙が溢れてしまう状態です。

今回はお返事はご容赦ください。
頂いたコメントは大切に、私の心にしまいます。
お空のテンも皆様の温かいお言葉に喜んでいると思います。

e0135972_12152897.jpg

5日の夜、私の腕の中で静かに息を引き取った16歳のてんちゃん。
翌日まで自宅で一緒に過ごしました。

e0135972_1322223.jpg

若い頃から食べ物に興味が薄く、体重を維持するのが大変なくらいの食べない犬でした。
倒れてからは、自力で食餌がとれず、当初は補液だけで全く口から栄養をとれませんでした。
少し回復した後は、意識がはっきりしているときに、少量の流動食を給餌器で口にいれて、飲み込ませていました。
ほんの少しづつしかたべられませんから、一日に何回も与えていたのですが、たぶん食べ物にうるさいテンのことなので、美味しいとは思っていなかったと思います。
なので、ご飯はともかく・・・・

足腰が弱ってはいましたが、倒れるまでお散歩大好きで毎日欠かさず外に出ていた子でしたから、治ったらお散歩に行こうと約束していました。

残念ながらその約束を果たすことができませんでしたけれど・・・
まるで眠っているようなテンちゃんに一番可愛い洋服を着せて、先日作ったばかりの保冷剤が入るポケット付きハーネスを装着し、リードもつけてあげました。
e0135972_12152770.jpg

お空に登る前に、ペットバギーに乗って皆といつも歩いたお散歩コースをお散歩することができました。

亡くなった翌日の夜に家族で火葬にして、お骨は持ち帰り、いまは自宅で静かに眠っています。

倒れて以来、自由に動けなくなった体でしたが、尿意ははっきりしていました。
補液をしていましたので、夜も2〜数時間感覚でおしっこがあり、そのたびに起きあがりたいらしく、ゴソゴソ動いたり、これまで全く声を出さなかったテンが泣いたりすることがありました。

また、それ以外でも体調が悪いのか?精神的に不安があるのか?夜の間、看ていてぐっすり寝ていたことがなかったように見えました。
倒れる前は一日の大半をすやすや寝てすごしていたテンちゃんだったのに・・・

一日のなかでもめまぐるしく体調が変わるようで、本犬もずいぶん不安があったのだと思います。

6キロあった体重があっという間に5キロになり、骨ばった小さな体を抱きしめるのが切ない毎日でした。
それでも、不安そうな時は抱きしめてあげると、ほっとした表情をみせて、泣き止んでくれたテンちゃんでした。
テンちゃんを抱いたまま、何もしてあげられない自分に、真っ暗い部屋で涙がとまらなくなったことも何度もありました。

e0135972_12152890.jpg

小さい体で信じられないくらい、頑張っていたテンちゃん。
一時期は歩けるようになるのでは?と思えるほど、体力も取り戻したように見える日もありました。
調子が良い時には、補助してあげれば歩くこともできましたし、おしっこもちゃんと自分でしゃがんでしていました。

倒れてからは、極力外出はしないで、テンと一緒にいるようにしていましたが・・・・
私も不安で圧し潰されそうになる中、テンの頑張りを見ていて反対に励まされながらの看病でした。

また、かかりつけの獣医師はできるだけ自宅で介護をしたいという私の希望を叶えてくれて、ほとんど毎日通院はしましたが、入院することはなく、テンが落ち着く自宅で介護をしてあげることができました。

なくなる前日の朝に、それまでなかった痙攣発作を再度おこした後、みるみる体調が悪くなり、呼吸が乱れてしまったので、誤嚥性の肺炎を疑いましたが、もしそうだとしても少し前に吐き気があった時のことではないかと思っていると・・・・
かかりつけの先生が説明をしてくれました。

亡くなった翌日に戻ってきた、肝臓のバイオプシー検査結果は悪性腫瘍などではなく、急性の肝炎ということでした。

テンちゃんがもう少し若く、体力がある犬であったなら持ち直す可能性が十分あったのだと思います。
ただ、16歳という高齢で普段から食が細く体力がない老犬では、病気と戦って勝つ体ではなかったのでしょう。

私は今まで3頭の飼い犬を亡くしていますが、いずれも突然死やガンで闘病、私の不注意で家から逃して事故死させてしまった、と老衰で眠るように・・・というお別れができませんでした。

テンちゃんはそんなことにならないようにと、若い頃から食餌管理や健康診断など自分のことよりも気にかけてやってきたつもりでしたが・・・・
一度きりの悲しいお別れは、なかなか自分の思ったようにはできません。

でも16歳はワンちゃんにしては高齢で倒れるまでは普通の生活もできていましたし、倒れてからもすごく頑張って生きようとしていたテンちゃんは、きっと悔いなくお空に登っていったと思えました。

e0135972_12152979.jpg

今頃は、ゆっくり眠ることもできて、先にお空に登ったとも姉さんと二人でこっちを見てくれているのでしょう。

e0135972_12152985.jpg

私も時間に手伝ってもらってゆっくりゆっくり、テンのことは楽しい思い出だけになるまで、残されたひみこちゃんと、たくさんテンちゃんのことを話そうと思います。

e0135972_1324893.jpg

テンのために、ご近所の犬友達やボランティアのお友達がお悔やみのお花を持ってきてくださいました。

そして遠くの方達はわざわざお悔やみのお花を送ってくださり・・・・
信じられないくらいのお花に囲まれて静かに眠っているテンちゃん。

こんなにたくさんの方に気にかけていただき、応援してもらえたからきっとあんなに頑張ることができたんだと、今更ながら皆さんのお気持ちを感じることができました。
本当にありがとうございました。

一週間前に同じようにGレトリーバーのクッキーちゃんを亡くしたご近所のママさんいわく・・
「自分が亡くなったときはきっとこんなに花なんてもらえないよいよね〜。わんこは幸せだよね」って・・・

本当に私もそう思いました。


話は変わりますが・・・・・

普段滅多にお客がない我家に、ご近所の犬友達やボランティアのお友達がお悔やみにきてくださり・・・・
じんべい君の株がすごくあがりました!
e0135972_12571563.jpg


他人がきても吠えることもなく
(最初に少し吠えたのはご愛嬌です ^_^; )
愛想よくとてもおとなしかったので、おばさんたちに大モテ!状態
「こんなに良い子なのになぜ、お家がきまらないの???」とご近所さん達も不思議がっていました。
e0135972_12571816.jpg
「ボクモ フシギデス」

はい、一重に預りの宣伝不足なのでしょう(滝汗
ごめんね、じん君。

テンちゃんを見送ることができましたから、今月のいぬ親会はじんべい君と参加する予定です。
今からエントリーします!

じんべいくんに質問などある方はこのブログに鍵コメでコメントください。

じんべい君を家族に迎えたい!という方は
ちばわん 成犬オス募集ページから、アンケートをお送りください!
[PR]
by tomotenkuri | 2011-09-08 13:02 | 我が家の家族 | Comments(7)

テンが虹の橋をわたりました

8月18日になったばかりの深夜に突然強い痙攣発作を起こして倒れ、その後懸命に闘病してきた家の先住犬テンちゃんが昨晩、9月5日21時5分頃に虹の橋を渡って行きました。

なくなる前日朝から、それまで一度も起きなかった痙攣発作が再発してしまい、薬で徐々に収まる傾向だったのですが、これまで病気と戦って来た小さい体が急激に弱ってしまったようでした。

午後に病院に行った時、前日なかった熱が40度以上にあがっており、抗生剤の処置をしてもらい帰宅しました。
その後呼吸がだんだんおかしくなって、最後は小さな声で2度泣いて「あれ?」と思ったので抱き上げたら腕の中でそのままなくなりました。
いつもは仕事で帰宅がおそいオトーサンも帰っていて、皆が揃った部屋で看取ることができました。

倒れて以来18日と21時間

一度も自力で起き上がることはできず、夜も何度か排尿があり、そのたびに目を覚まして教えてくれました。
食餌も自力では取ることが出来ず、流動食や缶詰を給餌器で様子を見ながら少量づつ与えていました。

一生懸命生きようとしているように見えたので、なんとかしてあげたいとやってきたことがテンにとっては良かったのか?
苦しい毎日を送らせてしまったのでは?と今になってわからなくなりました。

最後は呼吸がおかしくなっていて、これは私が給餌の時に誤嚥をさせてしまったのかもしれません。
テンはとても頑張っていたのに・・・・

2歳の時に我家に引き取って14年間、姉妹のともは11歳で早逝してしまった後も、16になるまで大きな病気も無く、淡々と生きていたテンちゃんは私にとって宝物でした。

預かりボランティアを続けることができたのも、一重にテンちゃんの性格による所が大きかったと思います。

今日の夜、家族で火葬にしてきます。
今頃は空に登って仲良しだった、ともちゃんとのんびりひなたぼっこしているかな?

ともちゃんもテンちゃんも生まれ変わっても、また私のところに戻ってきて欲しいです。

テンちゃんの回復を祈って応援してくださった皆様、どうもありがとうございました。
[PR]
by tomotenkuri | 2011-09-06 08:19 | 我が家の家族 | Comments(22)

テンちゃんのその後

いただいたコメントにお返事もできないまま、日にちだけが過ぎてしまいもうしわけありません。
皆さんの温かい言葉が、私にとってどんなに励みになっているか・・・・ わかりません。

もう少しの間、日常が戻るまでお返事の方は、ご容赦ください。

e0135972_1251542.jpg

皆さんに心配していただいているテンですが、9月3日午前11時半現在、まだ頑張って病気と戦っています。

痙攣発作で倒れた一週間後の8月24日、血液検査を行ったところ、肝臓の数値がかなり悪くなっていました。
発作を起こした原因は脳梗塞ですが、脳梗塞を起こした原因がDIC(disseminated intravascular coagulation)播種性血管内凝固症候群になっていたこと、この症状は単独で発症するものでなく、体内での出血を伴う疾患が原因になることが考えられ・・・・

24日の血液検査の数字を検討して、今回の原因が肝臓にあるのでは?と言われました。

超音波検査では腫瘍のようなものは見当たらず、結局肝臓に直接針をさして組織を取り検査をするバイオプシーという検査を26日に受けました。

検査を行う前に再度DICの状態を確認したところ、出血傾向がみられたので、ひみこちゃんから70CC輸血をした上で、バイオプシーの検査を行いました。

現在はこの検査の結果を待っている状態です。

献血を行う前日に、ひみこちゃんだけでなく、じんべい君にも協力してもらい、血液をとって輸血ができるか?のクロスマッチ検査を行いました。
結果はどちらのわんこも輸血可能ということでしたので、今回はひみちゃんに協力してもらいました。

肝臓の組織検査をするのもずいぶん迷いました。
テンちゃんは現在もまだ、自力で起き上がることができす、食餌も食べさせなければいけません。
脳が大きな梗塞をおこしているので、意識がはっきりしている時間と死んだようにぼーっとなる時間があり・・・
このような状態の犬をこれ以上検査するのは、果たして意味があるのか?
テンちゃんにとっては苦痛なだけではないのか?

でも、現在のままでは原因がわからず、治療方法があるとしても見つからない状態で、助かる可能性があるとしてもそれを見つけることができないままになってしまいます。

幸いぼーっとしている時間が長く、「その時間に行えば、苦痛はほとんどないでしょう」というかかりつけの獣医師の言葉に後押しされて、検査に踏み切りました。

結果はまだわかりません。
院内の顕微鏡で見た結果はリンパ球がたくさんみられたそうで・・・
最悪はリンパ腫というガンの一種で、この場合はテンちゃんの年齢を考え、抗癌剤の治療はせずに緩和治療のみを行うことを決めました。

検査が影響したのか?わかりませんが、検査翌日にそれまでなかった吐き気がでてしまい、食べた物以上に吐いて脱水になり・・・・・
運悪くそれが日曜日で、病院が休診でしたのですぐに処置が出来ずに、見た目にも弱ってしまったテンをみてもうだめだと思いました。

ですが、翌日、多めの補液と吐き気止めの注射(セレニア)をしてもらったら、吐き気は一日でおさまり、徐々にですが食欲や体の力が戻ってきています。
リンパ球がたくさんあったことから、免疫疾患の可能性を考え、検査翌日からプレドニゾロンを使い始めました。

e0135972_1251732.jpg

今朝1週間ぶりくらいに、うんちがでました。
おしっこの間隔が3〜5時間くらいで、夜も出る前と出てしまった後は、感覚がありサークルの中で動くのでこちらも起きてシーツを取り替えます。
食餌も一度に食べる量はほんの少しなので、栄養価の高い流動食や缶詰などを一日数回に分けて、少しづつ口に入れます。
水もシリンジで口に入れるのですが、だんだん力が出てきたようで5CCくらいを一気に飲めるようになってきました。

e0135972_1251524.jpg

昨日今日は倒れた後、初めて通院せずにすみました。
自宅で補液をして飲み薬を飲んで、目がさめているときに補助してあげるとすこし歩くこともしています。

e0135972_12163569.jpg
(写真は通院用の赤ちゃん籠です。これならねたまま運べます)
いまでも、まだ自由に動けなくなったテンちゃんを、こんなふうに頑張らせていることが果たして良いことなのか?迷いながらの看護です。
我家は犬猫のお世話ができるのが私一人なので、他の子達はきっと日常が変わってしまって戸惑っていると思うのですが。。。

ひみこちゃんもじんべい君も本当に良い子で全く手がかかりませんので、困ることもなくテンちゃんを看てあげられます。
e0135972_1217940.jpg

e0135972_12163531.jpg
「テンおばさんにはお世話になりましたから」 byじんべい&ひみこ

ひみこちゃんが膀胱炎を起こしたことは内緒です(^_^;)

こんな状態ですが、じんべい君は引き続きいぬ親さまを募集中です!
e0135972_1217970.jpg


じんべいくんに質問などある方はこのブログに鍵コメでコメントください。

じんべい君を家族に迎えたい!という方は
ちばわん 成犬オス募集ページから、アンケートをお送りください!
[PR]
by tomotenkuri | 2011-09-03 12:21 | 我が家の家族 | Comments(9)


元保護犬達の日記


by tomotenkuri

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

預かり猫

我家の猫になりました
たっち
たっち


卒業わんこ&にゃんこ うきわ
うきわ改め王(わん)ちゃん

ちょび助
みっつ改めちょび助ちゃん

ポテト
たま改めポテトちゃん

めう
あん改めめうちゃん

ククナ
たわわ改めククナ君

マリンちゃん
もえ改めマリンちゃん

すみれちゃん
とまと改めすみれちゃん

のんちゃん
すいか改めのんちゃん

小太郎君
さんじ改め小太郎君

くくちゃん
あおい改めくくちゃん

サンディ
ジャム改めサンディー君

そら
じんべい改そら君

おかき
おかきちゃん

こまこ
こまこちゃん

ポーラ
くるり改めポーラちゃん

ヨッシー
ヨシツネ君

ちこ
ちはや改めちこちゃん

うたまる
うたまるくん

リク
ちーばくん改めリクくん
いおり
いおりちゃん

なごん
なごんちゃん
おとは
おとは改め糸ちゃん

がんも
がんもくん
もなか
もなかちゃん
もみじ
もみじさん
イギー
ちまき改めイギーくん
ボノ
ボノくん
あんず
あんずちゃん
あずき
アズキ改めあずきちゃん
かぼす
かぼすちゃん
もずく
もずくくん
かな
かなかな改めかなちゃん
アル
なおなお改め我流(アル)ちゃん

ちばわん
いつでも里親募集中

エキサイト以外のブログ

おてわん一家ういず幸☆2
フッサリーノへの道
しっぽの生えた天使達 。。。2
お昼寝大好き~肉球家族
まめつぶあんず~
いぬまみれ
カプアン通信
ワンだふるでグルメな日々
I LOVE 柴わんこ花
hoihoi cats
しみゃおとジュリナ日記
すみれとママのつれづれ日記
のんびり屋 せっちょこっちょ記

フォロー中のブログ

ズボラーおばさんの暮らし...
ちばわん いぬ親会in篠崎
いつも笑顔で!Ver2
ちばわん 愛護センター・...
チロチロ日記  ~ブログ編~
もももの部屋(家族を待っ...
le grenier d...
あびことなおみと紺ジャージ
よーい☆ドン!
ちばわん・ご協力のお願い...
ちばわん いぬ親会in八王子
かぼすちゃんとおさんぽ。
旧・柴犬家族
ホットドッグBoon
オスカーの部屋
ちーの助が行く
預かりわんこ日記~むつみ...
一緒に歩こっ!
a Day in the...
わんさ★わんさ
ちばわんいぬ親会in湘南
届け!被災地の犬や猫たち...
ちばわん いぬ親会in品川
ちばわん ねこ親会in品川
新ワンだふるでグルメな日々

カテゴリ

全体
いぬ親募集
我が家の家族
ちばわん
おかき
愛護センター
卒業わんこ
じんべい
うたまる
ちはや
いおり
ちーば
がんも
ヨシツネ
もなか
おとは
もみじ
ちまき
ボノ
お知らせとお願い
あんず
アズキ
かぼす
もずく
つつじ

なごん
ちーば&いおり
なごん
こまこ&くるり
ジャム
たわわ一家
迷子犬捜索
たっち
未分類

以前の記事

2017年 09月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月

検索

その他のジャンル

タグ

(172)
(113)
(92)
(66)
(66)
(57)
(43)
(41)
(41)
(35)
(34)
(34)
(32)
(27)
(22)

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

犬
動物・ペット

画像一覧