タグ:動物病院 ( 32 ) タグの人気記事

もどってきたおかきちゃん

おかきちゃん、不妊手術が無事に終わって、昨日の午前中にお迎えに言ってきました。

「知ってるオバサンが来てくれた〜」
e0135972_14243695.jpg

おかきちゃん、預りのオバサンはちゃんと覚えていてくれました。

まだ、痛みがあるのか・・・・・ボーっとしています
e0135972_1424367.jpg


車に乗る前にオシッコして、家に帰ったら、昨日はず〜〜っと、死んでいました(苦笑
e0135972_14243688.jpg
「オナカガイタイノ」

若い犬に比べてどうしても年齢が高めの子は術後の回復もゆっくりになります。
おかきちゃん、とうとうお散歩もボイコットでぬくぬく寝たままです
e0135972_14243790.jpg


あ、でもご飯は大盛りをど〜んと平らげていますのでご心配なく。

何事も急がずゆっくり・・・・
のんびりおかきちゃん、いぬ親様募集中です!

おかきちゃんを家族に迎えたいと言う方は、ちばわん「いぬ親さま募集ページ」からお申し込みください。
[PR]
by tomotenkuri | 2011-12-08 14:30 | おかき

テンちゃんのその後

いただいたコメントにお返事もできないまま、日にちだけが過ぎてしまいもうしわけありません。
皆さんの温かい言葉が、私にとってどんなに励みになっているか・・・・ わかりません。

もう少しの間、日常が戻るまでお返事の方は、ご容赦ください。

e0135972_1251542.jpg

皆さんに心配していただいているテンですが、9月3日午前11時半現在、まだ頑張って病気と戦っています。

痙攣発作で倒れた一週間後の8月24日、血液検査を行ったところ、肝臓の数値がかなり悪くなっていました。
発作を起こした原因は脳梗塞ですが、脳梗塞を起こした原因がDIC(disseminated intravascular coagulation)播種性血管内凝固症候群になっていたこと、この症状は単独で発症するものでなく、体内での出血を伴う疾患が原因になることが考えられ・・・・

24日の血液検査の数字を検討して、今回の原因が肝臓にあるのでは?と言われました。

超音波検査では腫瘍のようなものは見当たらず、結局肝臓に直接針をさして組織を取り検査をするバイオプシーという検査を26日に受けました。

検査を行う前に再度DICの状態を確認したところ、出血傾向がみられたので、ひみこちゃんから70CC輸血をした上で、バイオプシーの検査を行いました。

現在はこの検査の結果を待っている状態です。

献血を行う前日に、ひみこちゃんだけでなく、じんべい君にも協力してもらい、血液をとって輸血ができるか?のクロスマッチ検査を行いました。
結果はどちらのわんこも輸血可能ということでしたので、今回はひみちゃんに協力してもらいました。

肝臓の組織検査をするのもずいぶん迷いました。
テンちゃんは現在もまだ、自力で起き上がることができす、食餌も食べさせなければいけません。
脳が大きな梗塞をおこしているので、意識がはっきりしている時間と死んだようにぼーっとなる時間があり・・・
このような状態の犬をこれ以上検査するのは、果たして意味があるのか?
テンちゃんにとっては苦痛なだけではないのか?

でも、現在のままでは原因がわからず、治療方法があるとしても見つからない状態で、助かる可能性があるとしてもそれを見つけることができないままになってしまいます。

幸いぼーっとしている時間が長く、「その時間に行えば、苦痛はほとんどないでしょう」というかかりつけの獣医師の言葉に後押しされて、検査に踏み切りました。

結果はまだわかりません。
院内の顕微鏡で見た結果はリンパ球がたくさんみられたそうで・・・
最悪はリンパ腫というガンの一種で、この場合はテンちゃんの年齢を考え、抗癌剤の治療はせずに緩和治療のみを行うことを決めました。

検査が影響したのか?わかりませんが、検査翌日にそれまでなかった吐き気がでてしまい、食べた物以上に吐いて脱水になり・・・・・
運悪くそれが日曜日で、病院が休診でしたのですぐに処置が出来ずに、見た目にも弱ってしまったテンをみてもうだめだと思いました。

ですが、翌日、多めの補液と吐き気止めの注射(セレニア)をしてもらったら、吐き気は一日でおさまり、徐々にですが食欲や体の力が戻ってきています。
リンパ球がたくさんあったことから、免疫疾患の可能性を考え、検査翌日からプレドニゾロンを使い始めました。

e0135972_1251732.jpg

今朝1週間ぶりくらいに、うんちがでました。
おしっこの間隔が3〜5時間くらいで、夜も出る前と出てしまった後は、感覚がありサークルの中で動くのでこちらも起きてシーツを取り替えます。
食餌も一度に食べる量はほんの少しなので、栄養価の高い流動食や缶詰などを一日数回に分けて、少しづつ口に入れます。
水もシリンジで口に入れるのですが、だんだん力が出てきたようで5CCくらいを一気に飲めるようになってきました。

e0135972_1251524.jpg

昨日今日は倒れた後、初めて通院せずにすみました。
自宅で補液をして飲み薬を飲んで、目がさめているときに補助してあげるとすこし歩くこともしています。

e0135972_12163569.jpg
(写真は通院用の赤ちゃん籠です。これならねたまま運べます)
いまでも、まだ自由に動けなくなったテンちゃんを、こんなふうに頑張らせていることが果たして良いことなのか?迷いながらの看護です。
我家は犬猫のお世話ができるのが私一人なので、他の子達はきっと日常が変わってしまって戸惑っていると思うのですが。。。

ひみこちゃんもじんべい君も本当に良い子で全く手がかかりませんので、困ることもなくテンちゃんを看てあげられます。
e0135972_1217940.jpg

e0135972_12163531.jpg
「テンおばさんにはお世話になりましたから」 byじんべい&ひみこ

ひみこちゃんが膀胱炎を起こしたことは内緒です(^_^;)

こんな状態ですが、じんべい君は引き続きいぬ親さまを募集中です!
e0135972_1217970.jpg


じんべいくんに質問などある方はこのブログに鍵コメでコメントください。

じんべい君を家族に迎えたい!という方は
ちばわん 成犬オス募集ページから、アンケートをお送りください!
[PR]
by tomotenkuri | 2011-09-03 12:21 | 我が家の家族

多飲多尿

今日はじんべい君の健康状態のお話です。
かなり長く、面倒なお話ですので、興味の無い方はスルーしてください。

e0135972_0345450.jpg

5月20日からお預かり中のじんべい君。
プロフィールにも書いたように、おしっこの量がかなり多い^^; です。

おしっこが多いと言うことは、飲水量も多いと言うことで・・・・・

先住犬が老齢の我家では預かり犬が伝染性の病気を持っていた場合を考慮して、新しく預かった犬はだいたい1週間ほどはケージで生活してもらいます。

なのですが・・・
じんべい君はケージで留守番するのが当初とても苦手で、かなりの音量で「寂し鳴き」があったため、それよりも早い段階から室内フリーの生活をしています。

そうなると、先住犬たちと同じ水を飲むことになり、「水の減りがかなり早いな〜」と思いながら、今まで正確にじん君の飲水量を測ったことがありませんでした。

e0135972_0345532.jpg

また、愛護センターから引き出してしばらくは、極度のストレス状態を経験した為なのか?飲水量が多い犬がほとんどなので気になりながらも、すぐには病院に行きませんでした。

じん君は、去勢手術をはじめとする医療行為がひと通り終了した段階でもやはり、飲水量が多かったため先週末「多飲多尿」の症状の相談で病院を受診しました。
e0135972_0345324.jpg



e0135972_034541.jpg

受診の前日、じん君だけ別の水を飲むように隔離して、一日の飲水量を測ってみました。
体重は痩せ気味で11.5キロのじん君ですが、飲水量は1.5〜1.6リットル。
体重1キロあたり100ccが飲水量の目安だそうです。

多飲多尿の症状から疑われる病気は
1.クッシング症候群
2.子宮蓄膿症
3.糖尿病
4.慢性腎不全
5.初期の急性腎不全
6.腎盂腎炎
7.高カルシウム血症
8.肝不全
9.甲状腺機能亢進症
10.副腎皮質機能低下症(アジソン病)
11.尿崩症
12.偽心因性多渇

で、これを一つづつ除外していくために尿検査と必要な血液検査を行いました。


結果は尿検査では尿比重が1.005と定値で希釈尿であると考えられました。膀胱炎の所見はありません。
血液検査ではCre1.8と軽微な増加が認められ、腎不全のステージⅡが示唆されました。

他の数字に関しては、この段階では異常値はありませんでした。

e0135972_034539.jpg

以下、長くなりますが病院で出た診断書のコメントをそのまま書き写します。

多飲多尿の症状は、低値の尿比重により間違いないと考えられました。尿比重は原尿とされる1.008〜1.012よりも低値であり、腎が希釈という仕事を行なっていると考えられました。
したがって、当初腎不全は除外していました。

通常多飲があるとBUNおよびCREが腎から排出されるため低値となりますが、これらの低下はみとめられませんでした。
また、痩せているのにも関わらずCREが正常値よりも高いということは、腎からの排出障害と考えられます。
したがって、腎不全のステージⅡと考えました。

明らかな希釈尿の存在は、腎不全以外にも尿崩症やアジソン病などが併発しているのかもしれません。
ストレスがあるにも関わらず比較的リンパ球数が多い所見はアジソンを疑う所見です。
ただし、一ヶ月前にワクチンを行なっているということなので、これによるリンパ球の反応と考えることができます。

したがって、数ヶ月後に白血球百分比、BUN、CRE、P、Na、K、CL、尿比重のチェックを行うと良いでしょう。腎不全だけならば、尿比重は原尿値になると考えられます。
依然、1.008よりも低値であれば、尿崩症が併発していると考えられ、追加検査が必要と考えられます。

現時点ではCRE上昇より腎不全が考えられるため、腎臓病の療法食を用い、水分を切らさないよにすることが推奨されます。

という診断結果が出ました。

e0135972_0345559.jpg

じん君、やせ気味ですが皮毛の状態もまあまま、フィラリアマイナス、便の状態も良く、外耳炎もすぐに治りました。
久々に体調がそれほど悪くない預かりっ子がきた〜!って思っていたところだったので、正直これには凹みました(;_;)

でも、よく考えてみたら腎不全はその症状からはなかなか分かりにくい病気のひとつ。

そして一度悪くなった腎臓は回復することはなく、いかに現時点の状態で維持管理が出来るかで今後のじんべい君のQOLが大きく変わってきます。
この段階で症状から腎不全が発見できたことは、喜ぶべきことでしょう。

e0135972_0403149.jpg

幸い、本犬は多飲多尿の他は健康な犬と全くかわりなく、食欲旺盛で毎日元気に明るくすごしています。
療法食も先住テン長老が初期の腎不全のため、同じものを食べていましたので、すぐに食餌を切り替えることができました。好き嫌いなく美味しそうに食べてくれています。

低リン、低蛋白が必須の腎不全の食餌には療法食は大変効果があります。

我家の先住、テン長老は14歳の終わりごろ、定期健診で尿比重の低下が続けて見られた為、初期の腎不全と診断されました。
生活していてわかるような症状は一切ありません。

それ以来、腎臓病の療法食で食餌管理をしていますが、1年以上たった今でも、尿検査・血液検査とも数値は安定しており、症状が進むことなく、うまく病気と付き合っています。

テンちゃんの場合は老齢ですので、病気の進行を彼女の寿命より遅くしてあげればQOLは維持できていると考えていいでしょう。

データーでは療法食のみを食べた犬の50%生存率は、普通食の犬の50%生存率の約3倍になるそうです。

じん君、おしっこに関しては、朝晩のお散歩以外に、室内でもできます。

夕飯の後、寝る前、在宅しているときには昼頃と大体決まった時間にケージの中でペットシーツにできるようになって、他の場所での粗相はありません。

一回量が多いので、手桶で受けてトイレに流すようにようにしたら、ペットシーツも使う量がぐんと減り、ケージのお掃除もとても楽になりました。

まだ若く元気な今の段階から、適切な食餌管理を行えば、じんべい君の今後の生活もぐんと質がよくなり、ケアをしないよりは、格段に寿命も長くなると思います。

じんべい君の赤い糸探しは少し絡まったかもしれませんが・・・・
きっとじんべい君のことを大切に感じ、家族として慈しんでくださるいぬ親様にめぐり合うでしょう。

その日まで、預かり宅でしっかり病気のケアをしていきます。

じんべい君、いぬ親様募集中です!
19日(日)のいぬ親会も参加予定ですので、ぜひぜひ会いにいらしてください。
[PR]
by tomotenkuri | 2011-06-14 23:05 | じんべい

ちはやちゃんのくねくね踊り

滞在一ヶ月を過ぎたちはやちゃん。

基本おとなしいワンコですが、若者ゆえスイッチが入ると一人で遊ぶ事も出てきました。

背中が痒いのか? こうやって一人でクネクネ、ハアハアしてます(爆笑)


一人遊び疲れると寝ます
e0135972_1372087.jpg


不妊手術の傷も綺麗で回復も順調です。
が、エリザベスカラーが大の苦手で・・・・
最初に付けた時はこの姿勢からしばらく動けませんでした。
e0135972_1382940.jpg


今では動けるようにはなりましたが、気分はどよよよ〜〜ん
e0135972_139256.jpg
私が家に居られる時は洋服や腹巻きで様子をみていますが、傷を気にしていないので問題ありません。

今日はちはやちゃん、お姉さん達の付き添いで病院まで行きました。

車がまだまだ苦手です。
シートの上よりも足下が落ち着くらしいので、タオルを引いて丸まってます
e0135972_1433014.jpg

ヨダレはかなり出ますが、最初の時みたいにリバースはなくなりました。
e0135972_144159.jpg

下りるときもちゃんと「ヨシ」の号令を聞いてから下ります。
e0135972_1453430.jpg


病院に着いたら復活したので、この調子でなれれば車酔いもなくなるでしょう
e0135972_1464830.jpg


今日はひみこちゃんの狂犬病予防接種をしてもらいました。

我が家に来たのが12月だったので、いつもその頃病院で接種して自分で市役所に登録に行っています。
e0135972_1534870.jpg

この前の胃腸炎があったので少し先延ばしにしていましたが、今日は問題なく予防接種ができました。
一時的に8.2キロまで減った体重も8.8キロに戻っていました。

鑑札と注射済証を入れ替えます。
2枚重ねて100円ショップで売っているゴム製のキーカバーに収納してあります。
e0135972_1555453.jpg

一旦バラバラにして
e0135972_1561324.jpg

改めて、新しい注射済証と鑑札を重ね、キーカバーに押し込んで二重リングを通します。
e0135972_1565774.jpg

これを首輪につければOKですね。

こうやってキーカバーに入れると動かないのでかちゃかちゃと音もしませんし、こすれないので番号も容易に読み取れます。
二重リングを通す時がちょっと力がいりますが・・・・
迷子防止対策の一つ、鑑札と注射済証を付ける事は大切な事ですね。

質問をいただいたので・・・
ちはやちゃんがつけている胴輪は市販の物です。
背中の虎さんは一応袋になっていますが、ほとんど飾りですね。
こんな風にミシンで縫ってつけてあります。
e0135972_2119100.jpg

100円ショップなんかでかわいい、キャラクター物を購入して背中に付けたら可愛いかも〜
[PR]
by tomotenkuri | 2010-12-03 01:39 | ちはや

ワクチン接種

つつじちゃん、骨折の足も復活し元気いっぱいです。

大体1ヶ月で離乳のはずが、5週目になってもミルクを飲んでいてどうなる事やら・・と思っていたのも
ようやっと、べちゃべちゃの離乳食をむしゃむしゃ食べるようになりました。

でも、ちょっと変なつつじちゃんは・・・
スプーンですくってもらった離乳食をむしゃむしゃ
e0135972_17305886.jpg

食べています
e0135972_17313199.jpg

後ろ姿は猫みたいになりましたが
e0135972_173202.jpg

週齢の割に身体が小さめなのは、ごはんの量がすくないのでしょう
e0135972_17325023.jpg

お腹いっぱいになる前に、遊ぶ方に気がいってしまい、ごはんをたくさん食べてくれないんです。

我が家に来る子達はなぜか?? 食欲があまりないという子が多いんです。

そんなつつじちゃん、昨日7月1日に一回目のワクチンを接種してきました。
先生と相談をして今後ねこ親さんに託す場合も完全室内飼育が前提ということで3種混合ワクチンを撃ちました。

心配だった足の骨折は
e0135972_1736261.jpg
e0135972_17372412.jpg
もちろん完全に修復はされていませんが、幸いなことに長さも変わらず自然治癒力で修復しつつあります。

今はまだ、この部分が弱い状態なので高い所から落ちたりして衝撃があると再度骨折の可能性があるそうで・・・

もう暫くはケージの中でなるべく安静にするようにと言われました。
e0135972_17394611.jpg
病院の先生によるとつつじちゃんは結構なお転婆さんなんだそうで・・・
(我が家では他に比べる猫がいないし、初めての仔猫なのでこんなものかな?とおもっていたんですが)

今後、足が治っても必要以上にエキサイトさせる遊びはさけた方が良いみたいです。

何せ、猫のお母さんを全く知らず人間に育てられていますので、今のところコワイモンがないつつじちゃんです(笑

猫仲間のクリおねえさんにはアピールするものの・・・
e0135972_17444149.jpg

なかなか通じません(苦笑)
e0135972_17465671.jpg

クリちゃんもさすがに仔猫相手には手加減をしているので1分くらいで「シャーッ」と爪を入れたままの猫パンチをするくらいですが。。。
e0135972_17453277.jpg


つつじちゃん、もうちょっとのガマンでお家の中を駆け回れるようになりそうです。
でも、その前にもう少し大きくなってくれないと(現在550g)家具の隙間に入り込みいなくなってしまうので・・・

ごはんをいっぱい食べて早く大きくなってね!!
e0135972_17534469.jpg

[PR]
by tomotenkuri | 2010-07-02 17:49 | つつじ

なごんちゃん、募集を一旦停止します

ブログの更新が滞っている間になごんちゃん、複数の方からアンケートをいただきました。
なごんちゃんの事を家族に迎えたいと考えていただける希望者さんが複数いらっしゃるなんて!!
なごちゃん、幸せ者です。
e0135972_021086.jpg

ちばわんの保護犬達はちばわんのHPと、いつでも里親募集中といういぬ親さん、ねこ親さん探しの掲示板で募集をしています。

いただいたアンケートは一旦、ちばわんの担当者が目を通しそれぞれの預かりが対応を担当させていただいています。

このため、一日二日の間に希望者様が重なってしまうことがありますが、決してよりたくさんの方から応募していただきたいというような事ではありません。
e0135972_1212422.jpg


このブログのタイトルのように、お預かりしているワンコにとってオンリーwan、たった一人のいぬ親さんが見つかればそれがワンコ達にとって一番の幸せだと私は思っています。

当のなごちゃんは、すっかり預かり宅にも慣れまったりとマイペースな生活を送っています。
e0135972_0214972.jpg


先日、初めて室内フリーで長時間(6時間ぐらい)の留守番をお姉さん達としてもらいました。

帰宅するとこの通り
e0135972_024955.jpg

2階階段のゲートまでニコニコお迎えにきてくれました。
e0135972_026442.jpg
推定7歳のなごちゃんも、15歳のテンちゃんと9歳のひみこちゃんにとってはまだまだひよっこ。
我が家では何でもなごちゃんが一番最後になっていますが、文句も言わず上手にお姉さん達ともつきあっています。

今日は、なごんちゃんの状態のことでいくつか気になる部分があり動物病院に行ってきました。
e0135972_182232.jpg
病院でも余裕の笑顔のなごちゃん。

預かり当時お腹にいた犬鞭虫は検便(ー)になりさよならしました。

耳ダニも合計3回投薬して、お耳の洗浄も行っています。
これも今日みてもらい、ダニはいなくなっていたので今後はもう少し耳洗浄をしてあげれば綺麗になるそうです。

そして・・・
喉を抑えると少しの刺激でも咳が出ていることを先生に相談しました。
なごんちゃんは保護犬のため、前歴が不明で保護される以前にウイルス性の疾患を患っていた場合は疾患が治っても2ヶ月くらいの間、咳をすることがあるそうです。
ただ、安静時は全く咳はなく、刺激で咳をしますのでおそらく気管虚脱だと思われます。

現状で特に生活に支障はないので治療の必要はありませんが・・・。

お散歩では胴輪でコントロールし、なるべく喉を刺激しないこと、体重を適正に保つこと、加湿にしないことなどが維持方法だそうです。

もう一点、なごんちゃん歩くときにいわゆるモンローウォーク気味で微妙に腰を振って歩きます。
こちらも確定診断するにはレントゲンを撮る必要がありますが、今日の段階で触診の診察をしてもらい、 後肢を後ろ方向に伸ばすと痛がる症状がみられた為、軽度の股関節炎があるのかもしれないと言うことでした。

こちらも今のところ、お散歩時に歩くとあれ?とおもう程度で、日常生活では症状はありません。
適性体重を保ち、適度な運動を行い、激しい運動は避けること、関節の疾患なのでサプリメントは有効だそうです。

こうやって書くとなにやら重症患者のようですが(笑
犬も人間と同じで中年になればなにかしらの症状が出ることがあります。
本犬のなごちゃんは、全く気にしていませんし今後、適切な環境と食餌の管理で維持出来る程度の症状だと私は思っています。

病院のスタッフさんにも「おとなしくて、よい子ですね」
e0135972_1174858.jpg
とべた褒めされて得意気ななごちゃん。

今日はお出かけ、おつかれさまでした。

最後にせっかくとったので写真を紹介しちゃいます。

もう一枚、サンタフェ風「おかえりなさい」
e0135972_1184887.jpg


お腹を見せるのが苦手ななごちゃんの隙ありっ!ショット(笑
e0135972_1202572.jpg

[PR]
by tomotenkuri | 2010-07-02 00:27 | なごん

くりちゃん健診とつつじ

昨日19日に我が家の猫、クリちゃんの健診に病院に行ってきました。

日頃このブログでは出番が少ないクリちゃんは以前のパート先の事務所猫だったのを7歳の時に家族に迎えた子です。

子どもの頃にパート先だった動物病院の庭に交通事故にあった後捨てられ、治療を施してもらったのですが左後肢を切断しなくてはいけない大けがを負っていたクリちゃんですが、小柄なので後ろ足が1本でも日常生活には何の支障もありません。

7歳になるまで事務所猫として暮らしてきたのですが、後からやってきた雄猫との折り合いが悪く、神経性の胃潰瘍や食道炎を発症してしまったため、環境を変えて健康を取り戻してもらいたいと仕事を辞める時にお家の猫として来てもらいました。

あれから4年以上たち、いまはすっかり我が家で甘えん坊さんに変身したクリちゃん。

我が家の先住ワンニャンはシニア以上のため半年に一度、内容を先生と相談しながら健康診断を受けています。

今年の7月で12歳になるクリちゃんは今回の健診は相談の上
 ●身体検査、血液検査(術前一般20項目、尿検査、腹部超音波検査、胸・腹部X線検査(4枚)、fT4(甲状腺ホルモン濃度)
の項目を行いました。

昨晩から検査の為の絶食で朝からゴキゲン斜めのクリちゃん
e0135972_15123942.jpg

病院の診察台の上では緊張していますが、とてもおとなしくいつも褒められる優等生さんです
e0135972_15132538.jpg


今日はレントゲン検査もするためこのまま半日病院に預かってもらいます
e0135972_15142217.jpg


詳しい結果は後日診断書を付けて郵送してくれるのですが、夕方お迎えに行ったとき、大体の結果を教えてもらったところ、大きな問題はないけれど今回レントゲンをとったら1本しかない後肢の膝関節の老齢化が進んでいることが判明。

積極的な治療や手術はできないそうで、なるべく進行を遅らせるためテンちゃんと同じく関節のサプリメントを飲んで様子を観察することになりました。

まだまだ先は長いのでなるべく日常生活に支障がない程度で症状が進行しないと良いのですが。。。。

健診で見つけられない病気もたくさんあります。
でも、見つけることが出来る病気もたくさんあります。

私は最初に飼った犬「シロ」ちゃんが原因不明の突然死をしてしまったとき、ワクチンやフィラリアの予防はやっていましたが、健診を受けていなかった事を深く後悔しました。

もしかしたら隠れた病気があったのかもしれないのに、それを見つけることが出来なかったことを・・・です。

今は、自分の楽しみにお金を使うのなら、先住達の健康維持に使う方が有意義だと思っています。
といっても、これも一種の自己満足、自分の楽しみなのでしょうけれど・・・・

で、クリちゃんと一緒につつじちゃんも健診してもらいました。

こちらは健診と言っても先生が聴診や体温測定、触診など簡単な健診です。

生後6日、体温もちゃんとあるし、体重も増えているのでまずまず上手に育っているそうです。
e0135972_1523432.jpg


仔猫の成長目安なる表もいただいて、それによると生後7日くらいまでは2時間毎のミルクとあります。
私は3時間おきだったので、これでも少なかったんですね(滝汗

一週間がすぎたころ目も開いてくるらしい・・・
e0135972_15561673.jpg


性別はまだはっきりしないけど、先生の見立てだと多分メスでしょうと言うこと
e0135972_15255740.jpg
私は気がつかなかったのですが、左頬に噛み傷?みたいな小さな傷があるそうで化膿していました。
e0135972_15565093.jpg
抗生剤は使用できないので、一日一回お湯でそっと拭いて軟膏を付けるようにと言うことです。

母猫の体温が38度くらいなので保温が必要(これは小さい段ボールに小動物用のペットヒーターでクリア)
排泄はミルクの前に陰部やお尻を刺激して促す(ティッシュで拭いてあげると上手にオシッコ、ウンチは自分で出しています)
便秘をしやすいので2日でなかったらお尻にぬるま湯を少しいれて浣腸する

4週齢くらいで離乳になれば、随分楽になるそうです。
e0135972_15573136.jpg


保護した状況から母猫の初乳を飲んでいるとは思えないので、ワクチンは少し早め7週齢くらいがいいかも・・
エイズと白血病の検査は8週齢で一度行うといいい

などなど、時間を割いてもらい色々教えてもらいました。

最後に、万が一ミルクを飲まなくなったときはカテーテールで食道に直接ミルクを入れるそうで・・・
使わなくて済むようにと祈りながら、お守り代わりに、みたことがないくらい細いカテーテルも処方してもらって使い方も詳しく聞いてきました。

母猫が育てても仔猫の飼育は難しく死んでしまう確率も高いのだそうです。
これでうまくおおききなったらつつじちゃんは奇跡のオンナですね(笑

つつじはありませんが・・・
e0135972_1553255.jpg
庭にお花があるときは病院に花束にして持って行って飾ってもらっています。

アグロステンマ、矢車草、バラ、キンギョソウ、都忘れ、ヘリペリス、フランス菊、オダマキ、アイリス etc.
手入れがなかなか出来なくても、こうやって咲いてくれる花たちは「つつじ」と同じように強いです。

長くなってしまったので、おとはちゃんの事はまた別に記事を書きますね。
[PR]
by tomotenkuri | 2010-05-20 15:33 | 我が家の家族

おとはちゃん、病院へ

4月26日に愛護センターから引き出した「おとは」ちゃん。

収容部屋で見たときの印象よりもかなり小さく体重が6kg弱しかありません。
引き出し時から下痢がひどく回数は少ない物の、そのためかかなり痩せてしまっています。

引き出し当日は夜になってしまったので、とりあえず薬用シャンプーで2度洗いして駆虫薬(ドロンタール)を飲ませ隔離部屋で寝てもらいました。
e0135972_1182918.jpg
写真の顔の右側部分の隙間の向こうが増設したトイレスペースです。
居住空間が60×90センチくらい、同じ広さのトイレを増設しておいたら、とてもきれい好きな子のようで・・

夜中に大小をきちんとトイレスペースですませてありました。
もちろん自分や居住空間は全く汚れることなく!です。
手間いらず!の優秀なおとはちゃんです。

翌日は夕方まで仕事だったので帰宅後速攻病院に行ってきました。
e0135972_1212670.jpg
病院でも全く物怖じしないおとはちゃん。

検便では鞭中がみつかり、これが下痢の原因なのでかわいそうだったのですが、いた〜い注射を1本打ちました。
e0135972_1224665.jpg
助手のお姉さんにがっちり保定されて注射を打たれたおとはちゃん。

さすがに一言「キャイ〜ン!」と吠えてしまいましたが、そんな時でも口は出ません。
その後先生からご褒美のおやつをもらって・・・
e0135972_1262251.jpg
この笑顔です。

可愛い!
e0135972_1282492.jpg


健康チェックでは耳の先端にかさぶたがみつかり、これは疥癬ではなかったので、清潔にして経過観察。
やせ気味で腸内細菌のバランスが少し崩れているそうですが、こちらも経過観察になりました。

フィラリア症の検査もしてもらったのですが、不思議なことに検査キッドに全く反応せず
e0135972_1335379.jpg
検査キッドのロットが違う物もつかい3回やっても反応なし。

貧血や脱水を疑って血液検査をしてみたけれどそれはなし。

再度、別のメーカーの検査キッドでやっと陰性の反応がでました
e0135972_1352835.jpg


反応が出ない原因不明でしたが、これには病院のスタッフさんたちもびっくりでした。

お陰で待ち時間がかなり長くなってしまいましたが、その間フセまでする余裕のおとはちゃん。
e0135972_1405799.jpg

他に患者さんがいないのをいいことにスタッフさんに愛想を振りまき、撫でてもらってうれしそうでした。
e0135972_1415911.jpg
とにかく人が好きらしくずっとチロチロ尻尾をふっていました。

この前までいたがんも君に負けず劣らずの性格ヨシさんのようです
e0135972_1444938.jpg


今朝はドライフード+おかゆのごはんを半分以上残してしまいました。

その後、まだ胃腸の調子が良くなくて下痢と吐き気があるため、夕飯はささみのくず粉おかゆとオリゴ糖入りのヨーグルトを少々。
で、様子を見ていますが、元気はいいです。

吐き気が治まってごはんをたくさん食べられるようになりますように!!

さて、話変わって・・・

この子は誰でしょう??
e0135972_153764.jpg


そう!年末に卒業したもみじさんです
e0135972_1535841.jpg
いぬ親さんが旅行のめ、今日から3泊のショートステイに来てます。

目の見えないもみじさんですが、しっかりと預かり宅は覚えていてくれて全く不自由なく部屋を移動しています。
e0135972_1553539.jpg
愛情あふれるママさんとお兄ちゃんのもとですこしふっくらとして戻ってきたもみじさん。

全く動じることなくみんなと一緒にお留守番出来るのがすごい!
e0135972_204655.jpg
あいかわらず頭が良い子ですね。

最後はもみじママにおみやげにいただいたガムが気に入ったテン長老
e0135972_22869.jpg
うまうまです〜ぅ
[PR]
by tomotenkuri | 2010-04-29 01:24 | おとは

久しぶりの・・・・

先週は随分頑張ってブログを更新したのに・・・・
いぬ親会が終わってちょっと気を抜いたらあっという間にまた日曜日になっていました。

もなかちゃんは変わりなく元気にしています。
でも、この寒暖の差のせいなのか?ちょっとお腹の調子が悪いです。

23日(火)の夜、ごはんの後に牛皮のガムを食べたら夜中に何度も「グェッ、グェッ」と吐くような音で目が覚めました。
クリちゃんかと思いきや、もなかちゃんが実際に吐き戻してしないまでも履くような仕草と音をさせていました。

ですが、他には変わりなく翌24日(水)は朝ご飯を少なめに上げて様子をみていたのですが、すごい勢いで完食し嘔吐はありません。

この状態なら問題無いかとは思いましたが、日中も頻繁に「グェッ、グェッ」とやるし、午後になって胃液だけ3回吐いたので心配になって病院に行きました。

e0135972_2220738.jpg
何度も行っている我が家のかかりつけの病院なのですが、この日は最初からすごくナーバスになっていて・・・

「キャン、キャン、キャ〜〜ン」と触られないうちから診察台の上でものすごい悲鳴を上げました。
スタッフさんと先生が「怖くないよ〜」とやさしくゆっくり話しかけてナデナデしてから診察してもらい
「食べる様子を見ましょう」ということでほんの少しフードまでもらったもなかちゃん。

最後は落ち着いて受診でき、結局たいした事はなさそうなので胃液の分泌を抑えるお薬を処方してもらい様子見になりました。

あれだけ騒いだのに診察が終わったらちゃっかりスタッフさんがいる方をクンクンしているもなかちゃん(笑
e0135972_22254957.jpg

本来、とても人なつっこく人好きなワンコですがどうもこれまでの経験不足らしく、ちょっと変わったシュチエーションになるとそれだけでテンぱってしまい、人に対しても「噛み」が出てしまう事があります。

これは、本犬が「怖い」と思った時に出ている行動で、とにかく小心者のもなかちゃんにはこれからも色々な経験が必要なのでしょう。

この後、吐き気は治まりましたが、木曜日には下痢気味になり、金曜には良くなり・・・
また、今日日曜朝は下痢気味でした。

食事を一回くらい抜こうかと思ったのですが、下痢気味でも食欲だけは旺盛なもなかちゃんは、お姉さん達が食事になると「私も!!」とそれはもう大騒ぎでもらうまで治まりません(滝汗

今日は量を減らし、お野菜とごはんに赤みの馬肉のおじやをいつもの食餌の半分程度与えました。
プラスお腹を温める腹巻きです。
e0135972_22372813.jpg

日中一度食べた物を吐いてしまいましたが、食事はすごい勢いで食べているしお散歩も元気に歩いているので明日にはなおると思います。
e0135972_22395969.jpg

溜めションを一気に放出中
e0135972_22422256.jpg


今日は一日寒くて散歩もそそくさとすませたtomotenkuri一家。
佐倉城址公園の桜もまだほとんど咲いていません。
e0135972_22412815.jpg
去年より遅いです。

こんな日はのんび〜り、お昼寝をたのしむテンちゃん
e0135972_2245302.jpg


最後の写真はとっておき、もなかちゃんのウルウル光線
e0135972_22461798.jpg
預かりはもちろん負けませんが・・・
この顔で見つめられたら、弱い人はたくさんいそうですね。
[PR]
by tomotenkuri | 2010-03-28 22:27 | もなか

病院とお散歩

昨日からの雨がやっと上がって、午後には日が射した一日でしたね。

かかりつけの病院では誕生月に無料で身体検査&爪切りなどをプレゼントしてくれます。
今日は我が家の先住わんこテン&ひみこちゃんがお誕生月の身体検査を受けに病院に行ってきました。
e0135972_19172444.jpg
あらかじめ予約していくので待ち時間もありません。お熱をはかり聴診し、お耳や目、身体全体をとても丁寧に触診していただいたき、最後に内臓を一箇所、超音波でみてくれるんですよ。

テン長老は15歳、人間で言うと76歳だそうです。
心雑音はありますが、超音波検査では即知慮が必要な病変は認められないと言うことでした。
とにかく寝てることが多いし、耳の聞こえも随分悪くなっているようですが、お散歩は大好き♪
未だにギブアップしたことがなく、何時間でもてくてくよく歩くテンちゃんです。

ひみこちゃんは9歳、人間で言うと52歳だそうです。
歯がとてもきれいだと褒められました。恐がりさんで固まっちゃうので、歯磨きも固まったままとても上手ですし、「歯磨きするよ!」というと所定の箇所に座るので歯磨きが好きなのだと思います。
(というより、美味しい歯磨き粉をなめたいんでしょうけど(笑))
超音波では大晦日に膀胱炎になったので膀胱をチェック。当時炎症気味だった膀胱壁はとてもきれいになおっていました。
メスは膀胱炎をおこしやすいそうですが、繰り返す事が無ければ大丈夫だそうです。

左耳後部に皮膚腫瘤があり、前回より少し大きくなっているので数ヶ月後に大きくなるようなら針吸引検査をしましょうと言われました。

テンちゃんはとにかく何でもよく覚えていて一度「いやなこと」をされると病院がだめになるタイプなので爪切りは遠慮しましたが、ひみこちゃんは爪切りまでしてもらいました。
e0135972_19274729.jpg
可愛すぎる(←おやばか)ひみこちゃんです。

で、この間1時間、もなかちゃんは車の中でとってもおとなしく待っていてくれました。
e0135972_19285949.jpg

せっかく雨も上がったし、車ででかけたのでいつも行かない公園でお散歩しましょう!
e0135972_19294596.jpg
佐倉市染井野にある七井戸公園です。
もなかちゃん、自宅から出かける散歩も以前よりは随分歩けるようになりました。
でも、知らない場所だと全く普通に楽しそうにお散歩してくれます。
e0135972_19342359.jpg
不思議ちゃんもなか(笑

公園を歩いていた小学生に近寄って撫でてもらってうれしそうなもなかちゃん。
e0135972_19351867.jpg

でも、この後小学生が少ししつこくしたら「キャン」と悲鳴を上げ口が出てしまいました(滝汗
せっかく「かわいい」って撫でてくれた小学生のお姉ちゃん達、どん引きでした。
ごめんね〜〜

夕日の中でたたずむもなかちゃん
e0135972_1936476.jpg

雰囲気があるでしょ??(笑
e0135972_19374265.jpg
三匹で1時間くらい、今日はよく歩きました。

これは、一昨日のお散歩風景
e0135972_193976.jpg
犬が苦手なもなかちゃんですが、お姉さん達とは全然問題なくお散歩出来ています。

スタイルも良いもなかちゃん
e0135972_19395424.jpg
慣れた人にはこんな風に甘えて撫でてもらうのが大好き♪
e0135972_19414923.jpg
とても甘えん坊なもなかちゃんです。

カブを生で食べたもなかちゃん。今度はイチゴに挑戦。
e0135972_19425498.jpg
一度口に入れて出しました。
e0135972_19431639.jpg
食べないのかな?と思ったらこの後ぺろっと食べちゃいました。
e0135972_1944735.jpg

我が家のテン&ひみこはイチゴは食べません。
皆さんのお家のワンコさんはどうでしょうか?? 食べるワンコと食べないワンコどっちが多いのかな??
[PR]
by tomotenkuri | 2010-03-10 19:30 | いぬ親募集


元保護犬達の日記


by tomotenkuri

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

預かり猫

我家の猫になりました
たっち
たっち


卒業わんこ&にゃんこ うきわ
うきわ改め王(わん)ちゃん

ちょび助
みっつ改めちょび助ちゃん

ポテト
たま改めポテトちゃん

めう
あん改めめうちゃん

ククナ
たわわ改めククナ君

マリンちゃん
もえ改めマリンちゃん

すみれちゃん
とまと改めすみれちゃん

のんちゃん
すいか改めのんちゃん

小太郎君
さんじ改め小太郎君

くくちゃん
あおい改めくくちゃん

サンディ
ジャム改めサンディー君

そら
じんべい改そら君

おかき
おかきちゃん

こまこ
こまこちゃん

ポーラ
くるり改めポーラちゃん

ヨッシー
ヨシツネ君

ちこ
ちはや改めちこちゃん

うたまる
うたまるくん

リク
ちーばくん改めリクくん
いおり
いおりちゃん

なごん
なごんちゃん
おとは
おとは改め糸ちゃん

がんも
がんもくん
もなか
もなかちゃん
もみじ
もみじさん
イギー
ちまき改めイギーくん
ボノ
ボノくん
あんず
あんずちゃん
あずき
アズキ改めあずきちゃん
かぼす
かぼすちゃん
もずく
もずくくん
かな
かなかな改めかなちゃん
アル
なおなお改め我流(アル)ちゃん

ちばわん
いつでも里親募集中

エキサイト以外のブログ

おてわん一家ういず幸☆2
フッサリーノへの道
しっぽの生えた天使達 。。。2
お昼寝大好き~肉球家族
まめつぶあんず~
いぬまみれ
カプアン通信
ワンだふるでグルメな日々
I LOVE 柴わんこ花
hoihoi cats
しみゃおとジュリナ日記
すみれとママのつれづれ日記
のんびり屋 せっちょこっちょ記

フォロー中のブログ

ズボラーおばさんの暮らし...
ちばわん いぬ親会in篠崎
いつも笑顔で!Ver2
ちばわん 愛護センター・...
チロチロ日記  ~ブログ編~
もももの部屋(家族を待っ...
le grenier d...
あびことなおみと紺ジャージ
よーい☆ドン!
ちばわん・ご協力のお願い...
ちばわん いぬ親会in八王子
かぼすちゃんとおさんぽ。
旧・柴犬家族
ホットドッグBoon
オスカーの部屋
ちーの助が行く
預かりわんこ日記~むつみ...
一緒に歩こっ!
a Day in the...
わんさ★わんさ
ちばわんいぬ親会in湘南
届け!被災地の犬や猫たち...
ちばわん いぬ親会in品川
ちばわん ねこ親会in品川
新ワンだふるでグルメな日々

カテゴリ

全体
いぬ親募集
我が家の家族
ちばわん
おかき
愛護センター
卒業わんこ
じんべい
うたまる
ちはや
いおり
ちーば
がんも
ヨシツネ
もなか
おとは
もみじ
ちまき
ボノ
お知らせとお願い
あんず
アズキ
かぼす
もずく
つつじ

なごん
ちーば&いおり
なごん
こまこ&くるり
ジャム
たわわ一家
迷子犬捜索
たっち
未分類

以前の記事

2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月

検索

その他のジャンル

タグ

(172)
(113)
(92)
(66)
(66)
(57)
(43)
(41)
(41)
(35)
(34)
(34)
(32)
(27)
(22)

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

犬
動物・ペット

画像一覧