「ほっ」と。キャンペーン

タグ:愛護センター ( 34 ) タグの人気記事

たわわ君おとどけ報告

昨日3連休の初日、お預かりしていた成犬のたわわ君と仔犬のとまとちゃんをそれぞれのいぬ親様のもとへお届けして来ました。

順番が逆になりますが、まずはたわわ君のお届け報告です。

9月22日に千葉県動物愛護センターで行われたふれあいフェスティバルに参加したたわわくん。
実際にセンターから引き出されたワンコでもこんなに良い子でおとなしいんですよ〜と来場者の皆さんに知っていただくのが目的でした。

ところが・・・・
嬉しい誤算で、来場者の皆さんが収容されている犬達のことを良くご存知で、たわわくんや他の犬達をみて「動物を飼ったら最後まで飼育してあげなくてはだめだよね」と仰り・・・・
子供たちに囲まれて大人気だったたわわ君を家族に迎えたいとその場で飼育について色々と話を聞いてくださったご家族から、翌日アンケートをいただきました。

どこにご縁がつながっているか、わからないものだな〜と感慨深い預かりのオバサン。
2ヶ月お預かりしてなんとな〜くたわわ君はこんなお家に迎えていただけたら嬉しいなと思った理想通りのご家族です。
e0135972_22383573.jpg

若くて優しいお母さんとお父さん、たわわ君の妹になると伺った小学1年生のお嬢さんの三人家族。
わんちゃんとしては一人っ子になります。
e0135972_22383645.jpg

e0135972_2239144.jpg

犬の飼育は今のご家族では初めてということでしたが、短い間に準備万端、環境も整えて待っていて下さいました。
特にお嬢さんが心待ちにしてくださっていたようで、私が色々説明している間に横になってしまったたわわ君の前足を握って目線をあわせ、一緒に横になってくれた姿に感激した預かりでした。

お届当日はさすがに少し緊張したのか、表情が硬かったたわわ君ですが、一日経って送って頂いた写真ではすっかりリラックスしたようです。
e0135972_22383766.jpg

お名前はハワイ語で太陽の光とかひなたといった意味の「ククナ」君になりました。
いぬ親さまご一家のやさしい気持ちが込められたお名前ですね。

今までお預かりした中で一番と言って良いほど、手がかからずしつけもいらず、温厚で人の言うことを良く聞き分けるククナ君ですからすぐにいぬ親さまご一家に寄り添って、家族の一員として大切にしてもらえる存在に変わることと思います。

いぬ親のO様、どうかククナ君のことをよろしくおねがいしますm(__)m

仔犬のとまとちゃん改すみれちゃんはククナ君より先に午前中、相模原市のいぬ親様のお宅へお届完了しています。
こちらは、また明日報告させていただきますね。

そして、明日は5匹の仔犬で最後に残ったもえちゃんを松戸市のご家族へお届予定です。


頂いたコメントのお返事が全くできていなくて申し訳ありません。
もちろんすべて読ませていただいています。
いつも皆さんに気にかけていただき、応援していただき本当にありがとうございます。
[PR]
by tomotenkuri | 2012-10-07 23:11 | たわわ一家

5頭めの黒い犬

大変長い間、ブログの更新もしないまま放置してしまい・・心配してくださっていた方も多いと思います。
申し訳ありませんでした。

くま太郎君の捜索を続ける途中で、気持ちも体もすごく疲れてしまって・・・

特に春頃から、気持ちが沈む事ばかりで、夜になると食事も取らずに横になりたいと思うくらい、疲れている自分がいました。

病気というほどではありませんが・・・
仕事や最低限の家事、犬猫のお世話はしていましたがそれ以外のことをやる気が全くおきません。

これは、多分更年期だと気が付きました。
もともと、体力も全く自信がない私。

預かり犬を脱走させてしまう恐怖が頭から離れません。
預かりボランティアもこのまま辞めることを考えていました。

e0135972_1348444.jpg

家の犬達とのんびり、放りっぱなしだった大好きな庭の手入れをする。
嫌なことはやらないで、明日にできることはあとまわし・・・・
元々苦手だったブログも、ごめんなさい、書きたくないのでそのままに・・・

こんなかんじで春から夏をすごしたら、少しだけ気持ちが前向きになってきました。
更年期は命の母Aがいいよと教えてもらい、早速試したら単純な私はそれも、効果がありました。
(Yさん、その節はアドバイスありがとうございました。お礼も言わずにすみませんm(_ _)m)



前置きが長くなりました。

だらだらした毎日を送っていましたが、ブログを書かなくてはいけない事態になりました。


以前の記事でくま太郎君捜索で情報を頂いた犬がたくさんいることを書きました。
我家で引き取った黒犬「らむね」の後も、何度も電話をいただき確認に行きましたが、残念ながらすべてがくま太郎君ではありませんでした。

7月22日、くまちゃんの預かりさんSさんから連絡があり「6月14日に姿を確認した香取市岩部にいた犬が愛護センターの収容犬情報に載っています」とのこと。
e0135972_14281528.jpg
※この写真は愛護センターの収容犬情報に掲載された写真です。

当日確認に行ったのはSさんだけで、私は犬を見ていません。
情報をくださった方に話を聞いたら隣の空き家に少し前から住み着いている犬で、それ以前に7頭まとめて捨てていかれた中の一頭だということでした。

捕獲された犬は人懐っこい感じだったそうですが、Sさんは現在犬を保護できる環境にはなく、後ろ髪をひかれながらその場を後にしました。

1ヶ月以上たってから、愛護センターの収容犬情報の写真だけをみて、自分が確認できた犬だとすぐにわかったのは多分すごく気にしていたからでしょう。
元々捨てられた犬ですからこのまま放っておけば、殺処分されてしまいます。

くまちゃん捜索をずっと手伝ってくれているドロシーさんとも相談して、それは避けたいと思いました。
センターに収容されてしまいましたので、手続きを踏まなければ引き出すことはできません。
ちばわんの担当者に私から事情を説明して、預かり希望を出しました。

ちばわんの犬として引き出すと医療費はちばわん扱いになり、迷惑がかかるでしょうから、この犬は個人で預かりしますと申し上げました。
担当者さんからは一度センターに収容されたのだから、通常通りちばわんの保護犬として預かれば大丈夫と言っていただきました。

本当なら、姿を確認したところで保護すればよかったんだと後になって思いました。
勇気も行動力もない、くまちゃんの捜索で迷子にさせることも心から怖いと思っている私には、電話をもらって見に行って、その時には「じゃあこの犬を保護しよう」という気持ちにすぐなれませんでした。

黒犬くんにはセンターに捕獲収容されるという、怖い想いをさせてしまって本当にごめんなさい。

8月7日に自分でセンターまで引き取りに行ってきました。
昨年末、最後に訪れて以来のセンター、仕事が終わって終了時間ぎりぎりでしたので見学する余裕なく預かる犬だけ連れ帰りましたが、相変わらずたくさんの犬猫がいる現実を直視して、なんとも言いようのない気持ちでした。

引き出し時の黒犬くん。
e0135972_1437239.jpg

e0135972_14365739.jpg

※上の写真は2枚ともちばわん 愛護センターレポートからお借りしました。



【5匹目の黒い犬】は我家の預かりわんになりました。
e0135972_14451331.jpg

くま太郎君に似ている長毛の被毛は長らく手入れをされておらず、全身毛玉だらけでした。
引き出し当日の夜、シャンプーは風呂場の排水口に溜まった毛を何度も掃除しながら3回洗い。
翌日も引き続き、毛玉部分をブラッシングで取りました。

全身毛玉だらけ、ブラシは引っ張られて痛いはずなのに、文句をいうことなく我慢してくれた性格「はなまる」
尻尾まで、ムンズと掴んでも噛み付かれることはありませんでした。
無駄毛や毛玉がとれたら本来の柔らかい長毛でふわふわのワンコに変身しました。
尻尾がゴージャスです。
e0135972_1445136.jpg
※右は我家のらむね9キロ、左が新入りたわわくん10.4キロです)


耳掃除、爪切り、肛門腺、歯磨きまですべて問題なくできます。

推定3〜4歳のオス犬。名前は「たわわ」と決まりました。

綺麗になった所で、病院にいきました。
「ボク、先生にはきれいなわんこですね」といわれちゃいました♪
e0135972_14451445.jpg


ふわふわでわかりにくいのですが、かなり痩せていて現在10.4キロ(適正13キロくらい)
検便はマイナスでしたが、大腸炎でお腹の調子が今ひとつなので食事療法中です。

人馴れ・犬慣れ、今のところすべて問題ありません。
e0135972_15411091.jpg


ただ、現在は体力が低下していておとなしい可能性があるのでもう少し様子をみて、体調が整い次第いぬ親さまの募集を開始する予定です。
e0135972_14451471.jpg


サボっている間に、いぬ親さまから卒業わんの写真やメール、お葉書をいただいています。
家に遊びに来てくれた卒業わんもいます。
お知らせしないままにしてしまって、ごめんなさい。

更年期だけでなく、老眼も進んでいて、長い時間PCを見るのも辛いのでついついサボってしまったのですが、今後は少しづつでもご紹介できるように頑張ります。
e0135972_1348494.jpg


まめにチェックができないので、コメント蘭はこれからは承認制にさせていただきます。
また、いただいたコメントにお返事もできないこともあるかもしれません。
なので、それでもいいよ〜という方だけ、コメントをお願いします。

私としては、拙いブログを読んでいただくだけでうれしいです。

たわわ君が、本当のお家をみつけられますように・・・・
応援よろしくお願いします。
[PR]
by tomotenkuri | 2012-08-10 14:21 | たわわ一家

新入りわんこ

皆様、大変ご無沙汰してしまいました(滝汗

こまこちゃんをお届け後、先住ワンニャンのみの静かな生活のはずだったのですが・・・・

5月13日(金)に愛護センターから引き出し、先日1頭目の預かりわんこ「かえで君」を無事に卒業させたstyle501xx さんに預かりをお願いした、成犬めすのせなちゃんの妊娠が発覚!!

既に妊娠30日を超えているのでは?との診断に、慌てて協力病院で不妊手術の予約をいれてもらって・・・

平日はお仕事のため車が出せないstyle501xx さんに変わって病院への送迎を担当した預かり。

フィラリアも陽性ということで、通常の不妊手術よりは出血の危険もあり大変心配された手術だったのですが、せなちゃんは無事に、生還してくれました。

お腹の赤ちゃんはかわいそうでしたが・・・・
妊娠後20〜24日くらいの仔が7匹入っていたそうです。

せなちゃんはとても痩せていて現在の体重は9キロ弱、お腹を触っても乳首が大きい以外はぺっちゃんこでとても子どもがいるとはわかりません。
e0135972_1057258.jpg
犬猫の妊娠期間は2ヶ月ほどしかありません。
仔犬が7匹生まれてしまったら・・・・
仔犬達の飼い主探しはまず、無理だと思います。

愛護センターにはこのように、飼い主さんが避妊や去勢を怠った結果、望まれず生まれてしまった仔犬や仔猫を殺処分の為に持ち込む飼い主が後を絶ちません。

どんなに小さな動物でも、殺されるために生まれてくる命なんてありません。

自分が生まれてしまう仔犬や仔猫の責任をもてないのであれば、避妊・去勢の手術をしてください。

せなちゃんはいま、style501xx さんのところで家庭犬の修行中、そして新しいご家族を募集中です!!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


せなちゃんの引き出しから一週間経った20日(金)いよいよ、我が家でお預かりする新入りさんのお迎えにセンターに言ってきました。

その時の様子は愛護センターレポートに詳しく書きましたので、そちらをご覧ください。

今回我が家でお預かりする事になった犬は・・・

じんべい君です
e0135972_1154830.jpg
体重11、5キロ、オス、推定4〜5歳、フィラリア(ー)、検便だけ回虫の卵がでましたらお薬を飲みました。
その後は便の状態は良好です。

食欲あり、皮膚や被毛の状態もまずまずでほとんど問題ありません。
e0135972_1154611.jpg



引き出した当日の夜は不安から良く鳴くので、寂しいのか?とサークルの前のフローリングで添い寝してあげたにも関わらず・・・、サークルの中でひゃんひゃん泣き続けました。

おかげで預かりのおばさんはほとんど眠る事ができず、体力の限界を感じた翌日昼過ぎ頃、本犬も疲れてきたのか、やっと静かになりました。
e0135972_1154775.jpg


それ以外は、少しビビりちゃんですが、性格よし、人慣れよし、攻撃性なし、体のどこを触っても怒る事もなく爪切りやシャンプーもおとなしくできる花丸優等生くんです。

病院の待合室でもこのとおり、大変おとなしく待つ事ができましたし、
e0135972_1154882.jpg
先生やスタッフさんにもおとなしいとほめられました。

お散歩の引きもありません。
e0135972_1155072.jpg

他の犬や猫とも問題なく同居できそうな大変穏やかな犬です
e0135972_1155147.jpg


25日に去勢手術の予定になりました。
e0135972_1154913.jpg

少し体が大きめのオス犬ですので、もう少し性格などの様子を観察してから、募集掲載をお願いするつもりです。

じんべい君の応援よろしくおねがいします。
e0135972_1154927.jpg

質問などある方は、直接、預かりの私宛下記アドレスに連絡ください。
(tenkuriyone☆yahoo.co.jp ← ☆を@に変えてください)

じんべい君、ちょっと長毛なのでどこについていたのか?わからないのですが、こんなに大きくなったダニが2匹落ちてきました
e0135972_1155190.jpg
草むらには既にダニがいっぱいです!
皆さんも、ノミダニ予防をお忘れなく!
[PR]
by tomotenkuri | 2011-05-22 10:56 | じんべい

くろちゃんのこと

本日2本目の記事アップです。

この記事の下に、おそくなっちゃいましたけれど、日曜日のいぬ親会の報告もかきましたので、是非呼んで下さいね!

* … * … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * … * … * … * … * … * … * … * … * … * … * … * … *
くろちゃんは・・・・・・

先週、体調が悪いと言うことで、急遽引き出し後すぐに入院させたのですが、残念ながら元気になることはなく、2日後に入院させてもらった病院で亡くなった、保護犬です。

以下、その子が亡くなるまでのお話しですので、読みたくない方はスルーしてください。

くろちゃんは4月13日のちばわん愛護センターレポートで紹介されていた、黒いわんちゃんです。
(くろちゃんの名前は私がつけました)

書類によれば、3月23日に旭市の震災被害が大きかった地域で捕獲されていて、すぐに検疫に回してもらったのですが、4月7日の愛護センターレポート
e0135972_18595768.jpg

△行き先未定とのことだったので引き受けることにしました。でも、体調が悪いそうです。と紹介されていました。

私への連絡は、4月12日の朝早く、ちばわんのセンター担当スタッフさんからのメールでした。
「パルボなどの感染症の症状とは違う感じなのだが、しばらく前から食餌がとれず、下痢もあり痩せてしまっているので、引き出し後すぐに、なるべく近くの病院に入院させてもらいたい。
できれば、その手配と運搬をお願いできないか?」という内容でした。

この日にすぐ、お迎えに行けたら良かったのですが、あいにく仕事があったため、病院には入院のことをお願いし、翌日13日(水)の朝一番でお迎えに行きました。

その時は、ふらついてはいたのですが、まだ自分の足で歩いてオシッコもしていたくろちゃん
e0135972_18595447.jpg
頭をなでると、尻尾をふってくれるとても可愛い女の子でした。

ただ、しばらく食餌がとれず、吐き気と下痢(血便)もあったと言うことでその痩せ方は半端なく・・・
e0135972_18595523.jpg

骨と皮の状態でした
e0135972_18595881.jpg

検疫中に自身の汚物が身体についてしまったらしく、臭いもひどく、できれば洗ってあげたいと思いながら・・・・

いつもなら、綺麗にシャンプーしてから病院に行くのですが、くろちゃんの場合はシャンプーで体力がなくなることが十分考えられましたので、先生にも相談し、センター引き出し後そのまま病院に連れて行きました。

待合い室でのくろちゃん
e0135972_18595676.jpg
黒い子なので表情が解りにくいのですが、このときはまだ、表情や目の力が残っていたように思います。

身体が弱っているためもあるのでしょうが、とてもおとなしく診察を受ける事ができ、そのまま入院させていただきました。
e0135972_18595947.jpg


必要な検査もしていただき、血液検査の結果では、軽い貧血・白血球の増加・肝酵素の上昇がみとめられ、ミクロフィラリアプラス、便には便中がいることがわかり、すべて適切な処置を施してもらうことができました。
e0135972_18595899.jpg


翌日には、肝酵素の値が少しさがり、高栄養の缶詰も一度は食べる事ができたそうです。

が、翌々日になって、チョコレート色の吐瀉物を吐き、午後に病院から、潜血に近い色の血便をかなり大量にして、ショック状態におちいっていると電話がありました。

「輸血もできなくはないけれど、くろちゃんの状態を見る限り、それがかえって負担になると思います」という先生のお話でした。

これまで、できることをすべてやっていただき、くろちゃん自身もとても頑張っていたのですが、残念ながら電話をもらった30分後に、静かに息を引き取ったそうです。

この日は、夕方に他の保護犬のお届けがあったため、どうしても病院に行くことができず・・・・・

翌日、午前中にお迎えに行ったときには、安らかな表情で横になっているくろちゃんでした。
「最後に自身の便で身体の半分がかなり汚れてしまったので、一応ふいてはあげたのですが・・・・」
と、病院ではとても丁寧に最後までくろちゃんを見て下さいました。

本当は、体力が戻ったら病院併設のトリミングでシャンプーをしてもらう約束でした。
綺麗になったくろちゃんは、きっととても可愛かったと思います。

家に連れ帰り、火葬にする前にせめて綺麗にしてあげたくて、シャンプーしました。
くろちゃんはどうやら何度か子どもを産んだ事があるメス犬で、おっぱいが少し大きく・・・・・
外傷はみあたりませんでしたが、洗うとお耳からも泥のような汚れがたくさんでてきました。

これは、私の勝手な想像ですが・・・・
地震の後の津波に巻き込まれ、何かにぶつかり、内臓を損傷していたのではないのでしょうか?
そのため、腸からの出血が止まらなかったのでは?と思いました。

私があと一日早く、お迎えにいって入院できれば、助かったのかもしれません。
ごめんねくろちゃん
e0135972_190164.jpg

火葬もすぐにできなくて、翌々日になってしまったので、我が家で一番涼しい納戸部屋に入ってもらい、保冷剤を一日二回交換しながら、なんどもくろちゃんに謝りました。

「助けてあげられなくて、本当にごめんね」

センターの職員さん始め、ちばわんのスタッフも皆、くろちゃんの事を心配して、なんとか助かってもらいたいと皆で手をつくしたのに・・・・・
助けてあげることができませんでした。

今は、お骨になって我が家にいます。
e0135972_190318.jpg
もう少し経ったら、庭に埋めてあげようと思っています。
ご飯が食べれなくなってからは、きっととっても辛い毎日だったでしょう。
その苦しみからは解放され、今頃はお空の上で、以前のお友達と一緒に元気に走り回っているかな?

今度生まれ変わってもし、またワンコに生まれてきたら・・・・
素敵な飼い主さんと巡り会い一生幸せにくらしてね、くろちゃん

助けてあげられなくてごめんなさい

* … * … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * … * … * … * … * … * … * … * … * … * … * … * … *

今回、くろちゃんの火葬では成田市にある公共の火葬場を利用しました。
大変簡素で必要最低限の設備だけしかありませんが、なにより料金が良心的で、職員さんの態度もとても好感がもてるものでしたので、情報として紹介します。


e0135972_18595841.jpg
八富成田斎場 成田市吉倉124番地11 (電話0476−23−4511)
HPに掲載されている料金は、成田市在住の人が利用した場合で市外の人は2倍になりますが、それでも随分安いと思いました。

写真は人間の葬祭場でとても立派な建物です。
支払い手続きをこちらにある事務所内で済ませて、道を挟んで反対にあるペット火葬場に自分で遺体を運びます
e0135972_190227.jpg


くろちゃんは9キロくらいでしたので、50分くらいといわれました。

火葬の間、利用できる小さいけれど綺麗な待合室も敷地内にありましたが
e0135972_18595977.jpg


私は・・・・・
くろちゃんがお空に登るのに、見送りが一人では何とも寂しかったので、
こまこちゃんと
e0135972_19495653.jpg

ひみこちゃんに
e0135972_1950291.jpg
付き添ってもらって、隣の公園をゆっくりお散歩して、火葬が終わるのを待ちました。

骨壺を自分で用意できればいいのですが、できない場合は当日手続きに行ったときにお願いすれば別料金で骨壺も用意してもらえます。
10キロくらいのワンちゃんだと4寸(3000円)または5寸(4000円)です。

火葬が終わって、スタッフさんが骨を集めてくれたので、それを自分で拾って骨壺に入れました。
最後、小さくてお箸でつかめないものは、スタッフさんが丁寧に骨壺にいれてくれました。

設備としては、必要最低限ですし、回りになにもなく、寂しい感じは否めませんが・・・・
スタッフさんの態度もとても丁寧で、これならなくなった子も、喜んでくれるのでは?と私は思えましたので・・・

ご紹介させていただきました。
利用する場合は、電話での予約が必要ですので、ご注意ください。
[PR]
by tomotenkuri | 2011-04-21 19:54 | ちばわん

2月3日(木)愛護センターに行ってきました

昨日次の預かり犬の確認のため、愛護センターを訪問してきました。
ちばわんの愛護センターレポートを書きましたので、そのままこのブログにも転記します。

青字部分はちばわんの担当スタッッフさんが加筆・修正してくれました。

* … * … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * … * … * … * … * … * … * … * … * … * … * … * … *

犬の引き出しの為、スタッフ6名でセンターを訪問しました。

子犬舎では譲渡会が開かれていて
f0078320_1482149.jpg
譲渡会で犬をもらっていく一般の方にはオス犬が人気があり、メスは不人気です。
譲渡の際、不妊・去勢の手術もお願いしているそうですが、お金がかかることはしたくないという飼い主さんもまだまだ多く、そうするとオスの方が、面倒がないという解釈でオスが人気があるようです。
(※もちろん、オスも去勢手術は必要です)


譲渡会後に残った9頭から2頭をちばわんのボランティがが引き出して、子犬舎に残ったのはこの6頭

生後3ヵ月ぐらい、元気のよい白いオスと茶色のメス
f0078320_149087.jpg


薄いベージュの兄弟4頭、体の一番小さい子がオス
f0078320_2385343.jpg
あと3頭はメスだそうです
f0078320_14947.jpg
子犬舎にはヒーターも入っていますが、まだまだ寒い日が続くので体調が心配です。
一日も早く、元気にセンターから出る日がきますように。


以下、収容棟の写真です。

皆様からいただいた毛布を本日センターの倉庫に運び入れました。
f0078320_2162430.jpg
これで当分の間は保護されている犬猫達に毛布を敷いてあげることができます。
たくさんの方のご協力、本当にありがとうございました。

間もなく検疫が終わる少しビビりの子犬ちゃん
f0078320_3481534.jpg
びびりちゃんなので譲渡会には向かないそうです。
預かり先・譲渡先を募集しています。

今日は一日目の部屋には12頭。そのうち検疫中の犬(首に赤いひもがついた)が4頭いました。
他は本日の捕獲収容犬です。
f0078320_1475040.jpg

f0078320_148353.jpg

f0078320_148847.jpg

検疫中以下3頭は預かり先募集中です
f0078320_1475815.jpg
f0078320_3554024.jpg
f0078320_355506.jpg
いずれも10キロ以下の小さめの子(メス)です。

2日目の部屋は7頭収容。そのうち検疫中の犬は3頭でした
他は昨日の捕獲収容犬です。
f0078320_223650.jpg

この子はちばわんで検疫中。来週引き出し予定です。
f0078320_3261449.jpg
元気そうでした。もう少し頑張って!


3日目の部屋は8頭収容。そのうち検疫中の犬は3頭でした。
他は2月1日捕獲収容犬、 2月7日収容期限です。
f0078320_2125037.jpg

この白い子は来週検疫明けで引き出し予定です。
f0078320_1481673.jpg
もう少し頑張って!


左側の子は収容犬情報kt110201-02 2011年2月2日 香取市市和田で捕獲 雑種 茶色 オス、
右側の子は収容犬情報kt110201-03 2011年2月1日 香取市市和田で捕獲 雑種 茶色  メス、
2頭とも10キロちょっとの体格でおとなしくまだ若そうな犬達でした。
譲渡先・預かり先募中です。
f0078320_14813100.jpg

収容犬情報kt110201-01 2011年2月1日香取市中洲で捕獲 雑種 黒灰 オス
f0078320_2114174.jpg
15キロ未満でおとなしそうな子でした。
譲渡先・預かり先募中です。

収容犬情報in110201-01 2011年2月1日 八街市文違で捕獲 雑種 黒茶 オス
f0078320_2114925.jpg
体重は10キロ未満(6-7キロぐらい)、まだ子どもに見えるくらいのあどけないとても人懐っこい子でした。
譲渡先・預かり先募中です。

収容犬情報kt110201-04 2011年2月1日 東庄町小南で捕獲 雑種 茶色 メス
f0078320_2115519.jpg
体重は10キロくらい、おとなしそうな子でした。
譲渡先・預かり先募中です。

右側の子、収容犬情報ks110201-01 2011年2月1日 旭市後草で捕獲 雑種  茶黒 オス
f0078320_2115934.jpg
15キロ未満くらいの体格で、優しい目をしたおとなしそうな子でした。
譲渡先・預かり先募中です。


4日目の部屋は3頭収容。そのうち2頭は検疫中の赤いひもがついていました。
f0078320_2363254.jpg
この2頭はさ来週頭が検疫明けです。幸い体調は悪くなさそうでした。
もう少し頑張って!!

この子は引き取り先がなければ2月7日に処分となってしまいます
f0078320_224137.jpg
2011年1月31日 香取市中洲で捕獲 雑種 黒茶 オス 体重15キロ未満くらいの物静かな子でじっとこちらを見ていました。
譲渡先・預かり先募集中です。


そして最終日、5日目の部屋は・・・
訪問した3時半頃には11頭おり、その中からこの2頭を検疫にかけてもらいました
f0078320_333934.jpg
f0078320_3331834.jpg

その後、支所からの移送などで最終的には19頭の犬が収容されている状態になり
f0078320_3341996.jpg
f0078320_3343062.jpg
f0078320_3344090.jpg
コンクリートの床は掃除のため水が流されて冷たく、弱った犬は座ることも横になることもつらそうです。

また、狭い場所にたくさんの犬が収容されているため、犬達は精神的に極限状態です。
気が荒い子はぶつかっただけでも喧嘩になります。

収容犬情報に乗っていない犬たちもたくさんいます。
飼い主の持ち込みや定点収集といって、決まった場所・時間に飼い主が処分のためつれてきた犬です。

明日の早朝には殺されてしまう彼らにせめて、もう少し安らかな最後の場所を提供できないのか?
現状の施設とこの収容頭数の多さでは、職員・ボランティアがどんなに頑張っても限界があります。

この犬達にも、飼い主がいたはずなのに、どうしてこのように無責任に放棄できるのか?理解できません。

動物も一つの命、みな重さにかわりがない尊い命です。
飼育するのであれは、必ず最後まで責任をもって飼育してください。
こんな風に、飼い主の身勝手で何の罪もない、彼らの命を絶つ権利は誰にもありません。

そして今日はこんなに小さな小犬達も捨てられていました
f0078320_3433256.jpg
茶色の子は8頭、おそらく同腹の生後一週間に満たない目が開いていない子犬。
黒い2頭はもう少しおおきいけれど 離乳前の子犬です。

そしてこちらはもう少し大きくなった小犬達
f0078320_34959100.jpg
f0078320_3504422.jpg
f0078320_350552.jpg
f0078320_351581.jpg
別のボランティア団体が数頭引き出してくれたようですが・・・

愛護センターでは職員さんたちも保護された犬猫を生かす努力を最大限してくれていますが、このような離乳前の犬猫はとても面倒をみれる人手がないため、持ち込まれるとそのまま処分せざる終えません。

この子達は殺されるために生まれてきたのでしょうか?
そんなはずはありません。

身勝手で無責任な飼い主の都合で殺されるのです。

このような不幸な子犬や子猫をこれ以上増やさない為に、犬や猫を飼育したら必ず、不妊・去勢の手術を行ってください。



本日は、子犬舎から2頭、抑留棟からは成犬・子犬合わせて5頭、合計7頭を引き出しました。


ちばわんでは随時預かりボランティアさんを募集しています。


殺処分”ゼロ”を目指して、皆様のご協力をよろしくお願い致します・・・。


                   *    *    *


当レポートをご覧になってのお問い合わせは、センターではなく、ちばわんにお願いします。
問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)
お名前のないお問い合わせメールには対応できない場合もありますので、何卒ご了承下さい。
新規の預かりをご希望下さる場合は、一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。

  『犬の預かりアンケートフォーム』 
  『猫の預かりアンケートフォーム』


お申し込みは、ご家族でよくご相談の上、お願いします。
当然ながら、簡単な審査はさせていただきます。


なお、譲渡希望・預かり希望は、関東限定とさせていただきます。
どうぞご理解下さい。 

* … * … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * … * … * … * … * … * … * … * … * … * … * … * … *

文中にある、最終日から引き出した2頭が次の預かり犬達です。
愛護センターの収容犬情報で2頭とも捕獲場所が佐倉市飯野となっており、そこは我家から徒歩でも行けるくらいの距離、そのあたりの様子もわかっている住所でした。

何度も収容犬情報を見直し、二晩考え抜いてどうしても放っておけないとおもったので、預かることに決めて検疫をおねがいしてきました。

2頭ともとても痩せてはいますが今のところ、体調は悪くはなさそうです。
2週間、無事に検疫を乗り越えてくれることをただただ祈るばかりです。

ヨシツネ君には・・・・
私が愛護センターを訪問していた5時間半の間、初めて室内フリーで留守番をさせてみました。
(これまで、留守にするときにはサークルに入れて留守番でした)

思った通り、全く問題なく静かにお留守番ができました。
どうやら、扉を開けたままのサークル内で寝ていたようです。

偉いぞ!ヨッシー!!
e0135972_18315413.jpg
「いや〜そんなに、褒められても〜」
照れてるヨッシーです(^_^;)
[PR]
by tomotenkuri | 2011-02-04 18:35 | 愛護センター

卒業ワンコ

一昨日、1月10日は卒業ワンコあずきちゃんの4歳のお誕生日でした。
e0135972_1947223.jpg
あずきちゃんをzuboraさんのお宅へお届けしたのが2年前のこの日です。
あずきちゃんはお届けした日をお誕生日にしたんですね。

おいしそうなバースデーケーキを食べているあずきちゃんの写真とメールがお母さん(zubora)さんから届きました。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
e0135972_1951476.jpg

こんばんは。

1月10日あずきは4歳の誕生日を迎えました。

うちにきてから、丸2年が経ちました。でももう何年も一緒に暮らしているような気がします。
サクラの場合は室内は夜から翌朝の散歩の時まででしたが、あずきはずっと室内飼いなので、接する時間や密度が違うせいかもしれません。

このごろ夕方または夕食後、二人と1匹で散歩に出かけるのが日課のようになりました。あずきもみんな一緒でうれしそうです。

メリハリのある生活ができるのも、あずきのおかげです。

e0135972_19521525.jpg

愛護センターレポートを見るたびに、家庭犬として引き出されたワンコたちは幸せだなぁ、多くの犬は抱かれることもなく、名前を呼ばれることもなく処分されてしまうのだからと、あずきを見ていつも感じています。

それだけに、引出されたワンコたちは幸せにしないとと思っています。どのワンちゃんもピッタリの家庭が見つかるのが不思議です。

tomotenkuriさんたちの努力やボランティア活動のおかげと感謝しています。これからもよろしくお願いします。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

zuboraさんはこんな風に書いてくださいましたが・・・・

いくら私達ボランティアが頑張っても、引き出した犬を家族に迎えてくださるいぬ親さんがいらっしゃらなくては保護活動は成り立ちません。

愛護センターに収容されたすべての犬猫たちがあずきちゃんのように、大切に家族の一員として可愛がってくださるいぬ親様とめぐりあえますように

そのために自分のできることは本当にほんの少し、小さな力しかない私ですがこれからも頑張ります。

zuboraさん、こちらこそこれからもどうぞよろしくおねがいしますm(__)m
[PR]
by tomotenkuri | 2011-01-12 19:55 | アズキ

愛護センターレポートと新入りわんこ

愛護センターが仕事始めだった昨日、1月4日、新入りわんこ引き出しの為にセンターに行ってきました。

以下、ちばわんの愛護センターレポートを担当しましたのでそちらから転記します。
なお、青字はちばわんの担当者さんが加筆してくれた部分です。

* … * … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * … * … * … * … * … * … * … * … * … * … * … * … *

愛護センターの仕事始めのこの日、検疫が明ける犬達の引き出しのため、スタッフ5名+スタッフの小学生の娘さん1名でセンターを訪れました。

昨年末28日に仔犬舎に残っていた仔犬達は全頭引き出ししていますので、仔犬舎は空でした。

収容棟も・・・

鑑定室と呼ばれている一番手前の部屋、いつもは負傷犬や仔猫達が収容されている部屋も
f0078320_12191255.jpg

f0078320_1219372.jpg
すべてのケージが綺麗にお掃除をされ、犬猫はいません。

全部で5室ある検疫室は、一つが感染症による室内汚染で閉鎖中でしたが、
残り2室もこのように綺麗に掃除をされて空になっていました。
f0078320_12214527.jpg

仮に、「捕獲・保護」と「飼い主による持ち込み」で愛護センターに収容される犬猫の頭数が減り、常にこの程度の収容数であれば職員の方達によって現状よりもきめ細やかな「返還」と「譲渡」の対応が可能になります。

「殺処分」する必要もなくなります。

「殺処分数」が常に全国ワーストに入っている千葉県愛護センターが常にこのような状態になるように、千葉県民としてできることはやって行かなくてはと改めて考えさせられた年頭でした。

一番奥にあるちばわんでお掃除ボランティアをしている検疫室のステンレスケージには小型犬や
f0078320_12284124.jpg
 △収容期限内の子です
仔犬達が収容されています。
f0078320_12285534.jpg
f0078320_12291223.jpg
f0078320_12292943.jpg
f0078320_12294833.jpg
f0078320_12301711.jpg
f0078320_12305271.jpg
f0078320_12311746.jpg
この仔犬達はほとんどが飼い主による持ち込みです。
自分の家で生まれてしまった仔犬が飼いきれなくなり「処分」の為に愛護センターに持ち込みます。

愛護センターで不定期に開催している譲渡会に出られそうな仔犬達は、このようにワクチンを打ってもらい2週間の検疫を乗り越えれば生きる道が開けますが、離乳前の仔犬や仔猫は愛護センターでは飼育が困難な為、即「処分」の対象となるしかありません。

また、検疫中に体調が悪くなり、感染症などの病気で命を落とす仔犬・仔猫も決して珍しくありません。
f0078320_12313580.jpg
この日も、なくなっている仔犬がいました。

年末年始のお休み中も職員さんが交代で毎日お世話に通われていましたが、それでも救い切れなかった尊い命です。
生き物を扱う職場だから当たり前と思われるかも知れませんが、千葉県という収容犬猫頭数があまりにも多過ぎる場所にして、あまりに少な過ぎる数の職員さんたちだけで、ただの1日も・元旦の日でさえ休まずお世話をされていました。



犬猫の子どもは一度に数頭生まれることのほうが多いです。
責任を持ってそのすべてを飼育できないのであれば、避妊・去勢の手術を行うべきです。
ほんとうにあたりまえのことですが、飼い主は自分が飼育している犬猫を責任を持って最期まで面倒をみてください。
そうすればこの不幸な仔犬や仔猫たちはいなくなるのですから・・




普段は保護・捕獲された犬達が収容されている部屋も、年始初日の午前中ということで捕獲収容犬の数は少なかったです。

1日目にはとても人なつっこい2頭
f0078320_1252577.jpg

f0078320_12521444.jpg
2010年12月22日に旭市足川で捕獲された黒いオスks101222-03と
同じ日に同じ場所で捕獲された白いメスks101222-02の2頭です。
f0078320_12522299.jpg
大きさもほぼ同じ10キロちょっとくらいで、写真を撮るために近づくとこの通り尻尾を振りながら近づいてきてくれます。


2日目は5頭収容
f0078320_12591256.jpg
この日ここから左側の赤い紐のついた3頭をひきだしました。
右側の2頭は、収容期限内(1月13日期限)の子たちです。
in101228-01 12月28日収容 成田市公津の杜で捕獲 雑 茶黒 オス 緑色の首輪
yo110102-01 1月2日収容 匝瑳市川向で捕獲 雑 黒 オス 赤色の首輪・銀色のノミ取り


3日目には6頭収容、すべて検疫の印、赤いヒモが付いています。
f0078320_130872.jpg
来週検疫があければ引き出すことができる犬達です。
もう少しだからね!頑張って!!

4日目は1頭だけで検疫を受けていたこの子
f0078320_1312633.jpg
検疫を終え、無事に引き出しました。


最終部屋は空っぽでした。
e0135972_1055100.jpg

昨年末最終部屋に居た子たちは、残念ながら亡くなってしまったとのこと。
他にも、せっかく声がかかりチャンスを与えられたのに、検疫期間半ばにして力尽きてしまった成犬がいたことを、この日知りました。
その子が無事出て来てくれる日のために、ケージやら毛布やらを買い揃えて準備して下さっていた預かりボランティアさんのところへ、悲しい知らせを送り届けなければなりませんでした。



この日は4頭の成犬を引き出しました。その中の2頭です。
f0078320_132339.jpg
f0078320_1321199.jpg
それぞれの預かりさんの元で体調を整い次第、いぬ親ささんの募集を始めます。

レポートは以上になります。





ちばわんでは随時預かりボランティアさんを募集しています。


一軒でも多くの預かり家庭があれば
一匹でも多くの命を助けることが出来ます。


殺処分”ゼロ”を目指して、皆様のご協力をよろしくお願い致します・・・。


                   *    *    *


当レポートをご覧になってのお問い合わせは、センターではなく、ちばわんにお願いします。
問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)
お名前のないお問い合わせメールには対応できない場合もありますので、何卒ご了承下さい。
新規の預かりをご希望下さる場合は、一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。

  『犬の預かりアンケートフォーム』 
  『猫の預かりアンケートフォーム』


お申し込みは、ご家族でよくご相談の上、お願いします。
当然ながら、簡単な審査はさせていただきます。


なお、譲渡希望・預かり希望は、関東限定とさせていただきます。
どうぞご理解下さい。 

* … * … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * … * … * … * … * … * … * … * … * … * … * … * … *

年末年始、寒かったであろうセンターで頑張って検疫を乗り越えてくれ、我が家にきてくれたのはこの子
e0135972_0524825.jpg

体重11キロ弱、推定3歳のオス、仮名は預かりトーサン命名のヨシツネ、愛称「ヨッシー」です。
e0135972_0535171.jpg
e0135972_054428.jpg
e0135972_0541498.jpg
我が家の預かりワンコの中では少し大きめですが、大変おとなしく全く鳴き声をたてません。
人慣れ抜群で、黙って頭をすりよせるイケメン君です。
どうやら犬猫にもとても友好的みたい・・・

健康状態もおおむね問題なしなので、近日中にいぬ親さまの募集を開始できそうです。
応援よろしくおねがいします!!

そしてそして・・
卒業わんこのいぬ親さま達から嬉しいお知らせが来ています。
あまり暖めない間に、また紹介させてもらわなくては〜
[PR]
by tomotenkuri | 2011-01-06 00:57 | 愛護センター

12月22日(水)愛護センターレポート

前日に急遽ちばわんのスタッフから連絡があり、22日引取のボランティアさんが都合でお迎えにいけなくなったので、代わりに・・・・
と言うことで、水曜日、愛護センターに犬の引き出しに行ってきました。

以下、ちばわん「愛護センターレポート」と同じ内容を記載します。

青字はちばわん担当者さんの加筆部分です。


検疫を無事に終えた犬の引き出しの為、スタッフ7名で愛護センターを訪れました。
f0078320_035269.jpg
ここで殺処分された動物達の供養のための動物慰霊碑にはいつもお花が供えられています。
人間側だけの都合で殺されてしまった動物達・・・
静かに手を合わせその子達の冥福を祈ります。


収容棟に入る前に別棟になっている仔犬舎で写真を撮らせてもらいました。
日差しがあれば、ある程度暖かく暖も取れますが、コンクリート打ちっ放しの床は掃除の為に水も流さなければなりません。
特に冬は免疫力や体力がない仔犬にとっては過酷な季節となります。

ヒーターや暖房を入れたりとセンター側も懸命の努力をされていますが、
年末年始のお休みの間、1頭でも多くここではなく、温かい家庭で暮らせることを願わずにはいられません。


f0078320_073911.jpg
 △この子はボランティア譲渡が決まっているそうです。
f0078320_075076.jpg
 △この日ちばわんで引き出しました。
f0078320_08767.jpg

▽本日の譲渡会で、この中(以下4枚)から5頭が決まったそうです。
f0078320_08228.jpg

f0078320_084136.jpg
f0078320_085275.jpg
f0078320_09590.jpg

この日は一般の人の譲渡会が開かれていましたので、写真を撮らせてもらった後に何頭かは飼い主さんが決まって引き出されたと思います。
一時でも早く、普通のご家庭で家族として可愛がってもらって欲しい・・・

ちばわんでも最後に1頭引き出しました。

これから犬や猫を飼育したいのであればペットショップから購入するのではなく、動物愛護センターに収容された犬猫を飼育するという選択肢も考えて見て下さい。

千葉県動物愛護センターの「犬・ねこ等の譲渡」に関するページはこちら

ここからは収容棟の犬猫達です

検疫中の仔猫ちゃん
f0078320_0274736.jpg
f0078320_028476.jpg
小さい身体で一生懸命身を守ろうと、目があうと「シャーッ」と威嚇してきました。
検疫の間に少しでも人慣れしてくれると良いのですが・・・

検疫室の犬達です。

事故にでもあったのか?寝たきりで動かない老犬が2頭いました
f0078320_0303862.jpg
収容犬情報in101215-01 八街市四オス 首輪なし 斜頚、高齢
f0078320_031045.jpg
こんな年齢になるまで一緒に暮らした子がいなくなって、飼い主さんは捜していないのでしょうか?
家族として暮らした犬なら最後は暖かいお布団で家族みんなで見送ってあげてください。

こんな風につめたい床に横渡り動くこともできず、誰にも看取ってもらえないまま亡くなるなんて犬にとってもとても悲しい事だと思います。

f0078320_034535.jpg
f0078320_0342672.jpg

このキャバリアはこの日一般の方に譲渡されたそうです。
f0078320_0344287.jpg

ガラスが汚れていてとてもわかりにくいのですが・・・
仔犬2頭と一緒に収容されている母犬は私が近づくとずっと吠えていました。
f0078320_0361722.jpg
f0078320_0381794.jpg
洋服を着たまま収容されている犬も何頭もいます。
f0078320_0395478.jpg
f0078320_0423650.jpg
f0078320_4122095.jpg
このビーグルは一般の方にこの日引き出されてました。
f0078320_4132440.jpg
今日ちばわんで引き出した子犬
f0078320_4134552.jpg


お掃除ボランティがお手伝いしている大きなステンレスケージがある部屋には子犬15頭小型の成犬4頭が収容されていました。
f0078320_415527.jpg
f0078320_4161093.jpg
f0078320_4162072.jpg
f0078320_416305.jpg
f0078320_4164079.jpg
f0078320_4165223.jpg
f0078320_417252.jpg
f0078320_4171232.jpg
f0078320_4172577.jpg


以下は収容部屋の犬達です。

1日目の部屋には4頭の犬がいましたが
f0078320_4185018.jpg
すべて検疫中の印「赤いひも」がついています。
4頭ともこの日引き出した犬達です。

2日目の部屋には大型犬を含む9頭の犬が収容されていました。
f0078320_4323043.jpg
検疫中の赤いひもがついているのがそのうち5頭。

以下は昨日の捕獲収容犬。預かり先、譲渡先がなく、命の期限が迫っている犬達です。

黒いとてもおとなしい子。多分体重10キロくらいだと思われます。終止部屋の一番置くで座った真まましず会こちらを見ていました。
f0078320_4354754.jpg

体重8キロくらいのメス、少しびびりですが攻撃性はありません。おとなしくて黙って体も触らせてくれました。
f0078320_437772.jpg
子どもを産んだ直後のようでおっぱいがはれています。
f0078320_437202.jpg
預かり先、譲渡先募集中です。

痩せているけれど、綺麗なポインター、オス
f0078320_65891.jpg

猟犬らしいぎらぎらした感じは皆無で、声を出すことなく近づいて尻尾を振り続けていました。
預かり先、譲渡先募集中です。

この黒い犬はちばわんで検疫中ですが、預かり先・譲渡先決まっていません。
f0078320_662750.jpg
収容犬情報△in101215-04 成田市青山 メス ベージュのベルト付き
体重8キロ程度、少しビビリちゃんですが、まだ若そうなメスです。
預かり先、譲渡先募集中です。

3日目の部屋には5頭の犬が収容されていました。
テリア系の小型3頭
f0078320_5154448.jpg
f0078320_4525473.jpg

f0078320_453857.jpg
部屋の奥で固まっているところをみると、同じ場所で飼育されていた犬達なのかもしれません。
のぞき込むと吠えて来ましたが、小さなからだで恐怖と戦っているのでしょう。

体重15キロくらいのオス、とても人なつっこい犬です。
f0078320_4552992.jpg
f0078320_4593847.jpg

体重15キロ以上、真っ白で綺麗なオス。
少し怖がりのようですが、吠えることはなくじっとこちらを見つめていました。
f0078320_4555257.jpg
f0078320_4564792.jpg
我が家のビビリの先住犬と同じ目をしています。
攻撃性もなくとてもおとなしい子だと思います。

5頭すべて、行き先が決まっていません。このままでは殺処分されてしまいます。
預かり先・譲渡先募集中です。

4日目の部屋は9頭収容
f0078320_5161661.jpg

f0078320_5163190.jpg

行き先が決まっていない犬はそのうち4頭です。
27日収容期限です
シェパードミックス?のような大型のオス収容犬情報▽in101217-01 印西市荒野 オス 首輪なし
f0078320_5175590.jpg
性格を見ようと近づいたら恐怖の為固まってしまいましたが
f0078320_5192788.jpg
おとなしい性格の良い犬のようです。
預かり先・譲渡先募集中です。

体重13キロ前後の若いオス
収容犬情報 ▽in101213-03 印西市草深  オス 首輪なし
f0078320_52107.jpg
ちばわんで検疫をかけましたが
f0078320_521338.jpg
預かり先・譲渡先は決まっていません。
おとなしく、人なつっこい性格のようです。
預かり先・譲渡先募集中です。

白柴に見えるオス、体重は15キロ前後でしょうか?
収容犬情報▽kt101217-01 東庄町東今泉 オス 首輪なし
f0078320_5321831.jpg
預かり先・譲渡先募集中です。

とても人なつっこい8キロ前後と思えるメス。
収容犬情報▽ks101217-01 銚子市東町 メス 首輪なし
f0078320_5372993.jpg
一生懸命「ここから出して!」とアピールをしていました。大変ひとなつっこい性格の犬です。
預かり先・譲渡先募集中です。

そして最終日、5日目の部屋には犬がいませんでした。
f0078320_5401254.jpg

何度かセンターを訪れていますが、これは初めてのことでした。

処分の為の愛護センターでなく、保護のためのセンターに職員の方も皆全力で取り組んでくださっていることが実感できた気がします。

この日は自分の犬を迎えにきた飼い主さんと遭遇しました。
f0078320_5523590.jpg
迎えにきてもらい、外にだしてもらった犬は表情が一変して嬉しそうです。

伺ったら、繋いでいたナスカンが外れて逃げてしまったとのこと。
散歩は十分しているのだけれど、去勢をしていないそうで飼い主さんも「ストレスがあるのかしら?」と言っていました。

人間と違い犬猫は本能で子孫を増やそうとします。
去勢されていないオス犬にとってメスの発情の臭いは「叶えられない欲求」になるだけで多大なストレスです。
安定した精神状態を保って飼い主さんと幸せな毎日を過ごすためにも避妊・去勢は必要な処置です。

飼い主さんに説明をしたら早速手術をしますと仰っていました。

以下は、この日収容棟から引き出した犬達です
f0078320_5503811.jpg
f0078320_5505161.jpg
f0078320_551492.jpg
f0078320_5511716.jpg
 △この子は胴輪を着けようとしただけで、ひっくり返って腹見せ、「撫でて~!」ポーズをしてみせてくれました。
若い男の子で11キロぐらい、預かり先も募集中です。
f0078320_5513192.jpg

体調が整い次第、募集を開始致します。
応援、よろしくお願いします。

     *    *    *     *    *    *

 当レポートをご覧になってのお問い合わせは、センターではなく、ちばわんにお願いします。
 問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)
 お名前のないお問い合わせメールには対応できない場合もありますので、何卒ご了承下さい。
 新規の預かりをご希望下さる場合は、一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。

  『犬の預かりアンケートフォーム』 
  『猫の預かりアンケートフォーム』

 お申し込みは、ご家族でよくご相談の上、お願いします。
 当然ながら、簡単な審査はさせていただきます。
ご自宅のわんちゃんのワクチン接種状況も把握された上でお問い合わせ下さい。



 なお、譲渡希望・預かり希望は、関東限定とさせていただきます。
 どうぞご理解下さい。
 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

と言うわけで、週末まで我が家にショートステイしてます。
e0135972_23193058.jpg


チワワにしては大きめの体重5キロの男の子。
体調も問題ないようですし、少し毛玉がありましたが洗ってブラシをかけたら綺麗になりました。
e0135972_23204090.jpg
人慣れも問題なく現在サークルで一日過ごしてもらっていますが、いるのが解らないほど静かです。

お散歩が大好き!
と〜っても楽しそうに歩きます。

週末にろく母さんの所に移動して、体調がととのったらいぬ親さんの募集を始めます。
応援よろしくお願いします!!
[PR]
by tomotenkuri | 2010-12-24 22:46 | 愛護センター

いおりちゃん、正式譲渡

いぬ親会の翌日の月曜日、我が家から徒歩圏内のいおりちゃんのお家に行ってきました。

9月のお届けからちょうど一ヶ月。
もちろん、正式譲渡のためです。

玄関先でお家から出てきた、いおりちゃんとお父さんにばったりあったら、しっかり私のことを覚えていたいおりちゃんに大歓迎されました。
引き出し時は声がかれるほど鳴いて大変だったいおりちゃんですが、全く声を出すことはなくなりました。
ただただ、クネクネしながら身を寄せて仰向けになりスリスリしてくれます(笑

一通りご挨拶をして、お家にいれてもらいました。

いぬ親様はお父さんと社会人の息子さんの二人暮らしのご家庭で、お留守番の時間が長めになってしまいます。
アンケートをいただいたときからそれは十分にお話をして、もし留守番が無理なようならすぐに戻してくださいとお願いしてあったのですが・・・

頭の良いいおりちゃんは、お届けしてすぐ、いぬ親さんの生活リズムを理解して全く問題なく留守番もクリアしてくれました。
おしっこだけ何度か失敗してしまったそうですが、それもタイミングがわかってからは、長時間の留守の後はお庭に出してあげればすぐすませてくれるようになり、今では失敗も無くなったとか・・

お父さんとお話をしている間にちょうど息子さんが帰宅したら、飛び跳ねて甘えにいったいおりちゃん。
e0135972_1362432.jpg
e0135972_1372485.jpg
撮影させてもらった写真のほとんどがこんな風におなかを出してスリスリしている写真でした(笑

e0135972_1383248.jpg
長い留守番の間、いたずらも全くなく、一度机の上の物をとったので「だめ」と教えたらその後は二度と同じことはやらないそうです。

改めて、いおりちゃんの頭の良さと従順さにはびっくりさせられました。

お届け時、お部屋がかなり雑然と散らかっていてそれがとても気になっていた預かり。
失礼を承知でお部屋をお掃除していただくようにお願いしていました。
伺ったときには、いおりちゃんの為にお部屋をきれいにかたずけてあり、持参したクッションがテーブルの下にあってそこがいおりちゃんの場所になっていました。

もちろん、問題なく正式譲渡となりました。

センター収容時のいおりちゃんは・・
e0135972_13144473.jpg
e0135972_1315939.jpg
次々と仲間が殺される場所にいて、押しつぶされそうな不安と戦っていました。

引き出し時は自分がこの先どうなるのか?極限状態で目つきや顔つきも異常になっていて・・
e0135972_13172893.jpg
運搬の為にこのケージに入れたのですが、既に吠え続けてかすれてしまった声で吠え続け、2本つけていたリードはたちまちかみちぎったほどでした。

頭の良いいおりちゃんだからこそ、自分のおかれている場所が判断できて精神状態もおかしくなってしまったのでしょう。
預かり時も、卑屈なくらい、一生懸命私たちにすり寄ってアピール。
まるで「助けて」という声が聞こえてくるようないおりちゃんでした。

そんな、いおりちゃんをみていて、何も悪いことはしていない、罪がない彼女にこんな思いをさせてしまった人間の一人として本当にもうしわけない気持ちでいっぱいになりました。

でも、もういおりちゃんは一生幸せに、う〜んと甘えん坊になって愛されて暮らすことができます。
K様、これからもどうかいおりちゃんのことをよろしくお願いします。

以下、トライアル中に送っていただいて、紹介しそびれていたいおりちゃんの写真です
e0135972_13502615.jpg
e0135972_13503419.jpg
e0135972_13504260.jpg
もちろん、食べ物は与えていませんよ、真剣にみている表情がかわいいですね

すべての保護犬猫達が、いおりちゃんのようにかわいがってくれる家族が見つかりますように。
そして、どんな理由があるにせよ、飼育放棄をする飼い主がいなくなるように!!

これからも自分のできることを少しずつ続けていこうと思います。
[PR]
by tomotenkuri | 2010-10-21 13:24 | いおり

新入り「うたまる」

7日(木)の夕方、愛護センターから引き出した新入りわんこ「うたまる」君は・・・
9月17日に横芝光町で他の2頭と一緒に捕獲されたワンコです。
捕獲されたとき、愛護センターの収容犬情報に掲載された写真がこれ
e0135972_0212616.jpg

この2日後にやはり同じ場所でもう一頭捕獲されており、現在その子も検疫にかけてもらっています。

この4頭、毛色や身体の大きさが微妙に違いがありますが、年齢も同じくらい、容姿は良く似ています。
兄弟なのでしょうか?

私が預かった「うたまる」君も、同時に引き出した「ぱぴこ」ちゃんというメス犬もとにかく人と一緒にいたい!離れると泣き出す位、人慣れしているワンコです。
仔犬ではなく既に成犬になっているこの子達をどんな理由があって前の飼い主さんは、捨ててしまったのでしょうか?

私の姿がみえなくなると必死で泣き出すうたまる君をみていて、やりきれない気持ちになりました。

今日ですでに引き出し後3日経ってしまいました。
それまでの様子をおしらせしますね。

まず、引き出し当日はおそくなってしまったので、シャンプーするのが精一杯。
シャンプーはあまり好きでは無い様子でしたがおとなしくさせてくれました。

皮膚や被毛にはトラブルはなく、綺麗になったらフワフワの長毛でとても可愛くなりました。

翌日はかかりつけの病院でフィラリアの検査と検便、健康診断です。
人慣れ抜群のうたまるくんは病院でも物怖じしません。
e0135972_0295534.jpg


耳の中を見てもらってもおとなしく
e0135972_0305979.jpg


フィラリアの採血は三人がかりでVIP待遇(笑
e0135972_031391.jpg

これは犬が怖い思いをしないようにという病院側の配慮で、後ろ足から先生が採血する時に、助手の人がおやつをくれます。
こうすると本犬は注射されても気がつかないまま、「おやつもらった」といううれしさだけ残るという寸法。

おかげで検査後もこの笑顔
e0135972_0335048.jpg


フィラリア・検便とも検査はマイナス。
このところ、いおりちゃん、ちーば君とフィラリア陽性の子が続いたのでホットしました。
検便もマイナスなのはかぼすちゃん以来の快挙。

愛護センターの環境も少しづつよくなっている証拠なのかもしれません。

夜、お散歩もご飯もおわってサークルのなかで、足を投げ出して寝てしまいました。
e0135972_0361842.jpg

愛護センターのつめたいコンクリートではきっとこうやって寝ることもままならなかったでしょう。
少しは安心できたようです。

会社から帰った主人には「ワンワン」結構警戒の吠えを最初だけしましたが・・
少したったらもうこんな感じ(笑
e0135972_0374848.jpg

気が小さい子ですが、とにかく人が大好きです。

今日は思いついてオモチャをだしてあげたら・・・
e0135972_0384678.jpg

気が向くと遊びだしました
e0135972_0391266.jpg


シェルティーが混じっているのか?少し長毛の毛は柔らかで触り心地抜群です
e0135972_0401235.jpg


お姉さん達にはまだ嫌われていますが(若犬で行動が激しいところがあるので・・・)
自分はすっかり仲間のつもりらしいうた君^_^; 
e0135972_0412426.jpg

お散歩は一緒に歩きたいようです。

既に名前も覚え呼び戻しもできました
e0135972_0421554.jpg

明日まで連休なので一緒にいられますが、私の姿が見えないとかなり激しく「吠え」が始まります。
少しづつなれてくれれば・・・・

問題に思えるのはそこだけ、攻撃性もないしとても従順な性格で、室内のいたずらも人が見ていれば「だめ」の声だけで制止できますし、いたずらと言っても食べ物だけで家具や物を壊すことはなさそうです。

他犬に対しても相手に怒られれば素直に引きますし、猫とも問題ありません。

明日は一緒に引き出したぱぴこちゃんと去勢・不妊の手術に行ってきます。
e0135972_0461100.jpg

(写真はぱぴこちゃんです)

[PR]
by tomotenkuri | 2010-10-11 00:46


元保護犬達の日記


by tomotenkuri

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

預かり猫

我家の猫になりました
たっち
たっち


卒業わんこ&にゃんこ うきわ
うきわ改め王(わん)ちゃん

ちょび助
みっつ改めちょび助ちゃん

ポテト
たま改めポテトちゃん

めう
あん改めめうちゃん

ククナ
たわわ改めククナ君

マリンちゃん
もえ改めマリンちゃん

すみれちゃん
とまと改めすみれちゃん

のんちゃん
すいか改めのんちゃん

小太郎君
さんじ改め小太郎君

くくちゃん
あおい改めくくちゃん

サンディ
ジャム改めサンディー君

そら
じんべい改そら君

おかき
おかきちゃん

こまこ
こまこちゃん

ポーラ
くるり改めポーラちゃん

ヨッシー
ヨシツネ君

ちこ
ちはや改めちこちゃん

うたまる
うたまるくん

リク
ちーばくん改めリクくん
いおり
いおりちゃん

なごん
なごんちゃん
おとは
おとは改め糸ちゃん

がんも
がんもくん
もなか
もなかちゃん
もみじ
もみじさん
イギー
ちまき改めイギーくん
ボノ
ボノくん
あんず
あんずちゃん
あずき
アズキ改めあずきちゃん
かぼす
かぼすちゃん
もずく
もずくくん
かな
かなかな改めかなちゃん
アル
なおなお改め我流(アル)ちゃん

ちばわん
いつでも里親募集中

エキサイト以外のブログ

おてわん一家ういず幸☆2
フッサリーノへの道
しっぽの生えた天使達 。。。2
お昼寝大好き~肉球家族
まめつぶあんず~
いぬまみれ
カプアン通信
ワンだふるでグルメな日々
I LOVE 柴わんこ花
hoihoi cats
しみゃおとジュリナ日記
すみれとママのつれづれ日記
のんびり屋 せっちょこっちょ記

お気に入りブログ

ズボラーおばさんの暮らし...
ちばわん いぬ親会in篠崎
いつも笑顔で!Ver2
ちばわん 愛護センター・...
チロチロ日記  ~ブログ編~
もももの部屋(家族を待っ...
le grenier d...
あびことなおみと紺ジャージ
よーい☆ドン!
ちばわん・ご協力のお願い...
ちばわん いぬ親会in八王子
かぼすちゃんとおさんぽ。
旧・柴犬家族
ホットドッグBoon
オスカーの部屋
ちーの助が行く
預かりわんこ日記~むつみ...
一緒に歩こっ!
a Day in the...
わんさ★わんさ
ちばわんいぬ親会in湘南
届け!被災地の犬や猫たち...
ちばわん いぬ親会in品川
ちばわん ねこ親会in品川
新ワンだふるでグルメな日々

カテゴリ

全体
いぬ親募集
我が家の家族
ちばわん
おかき
愛護センター
卒業わんこ
じんべい
うたまる
ちはや
いおり
ちーば
がんも
ヨシツネ
もなか
おとは
もみじ
ちまき
ボノ
お知らせとお願い
あんず
アズキ
かぼす
もずく
つつじ

なごん
ちーば&いおり
なごん
こまこ&くるり
ジャム
たわわ一家
迷子犬捜索
たっち
未分類

以前の記事

2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月

検索

人気ジャンル

タグ

(172)
(113)
(92)
(66)
(66)
(57)
(43)
(41)
(41)
(35)
(34)
(34)
(32)
(27)
(22)

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

イヌ
動物・ペット

画像一覧